« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

Natunotaiyou

夏は好きな季節。

特に朝の光は格別に好きです。

 

サニーデイサービスが再結成にはとても

驚きました。しかしうれしいです。

ライブに行きたいなぁ。

 

友人にすすめられて

apogeeのアルバムを聴いたのだけどとてもよかったです。

あとkahimi karieの「specialothers」もいいなぁ。

リキッドルームのライブいけたらいいな。

 

街のあちこちから祭りの音が聞こえるのはすこしわくわくします。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

子ども

Toriniwa

東京都写真美術館に今森光彦さんの

写真展とトークショーにいってきました。

大好きな写真家です。

 

昆虫や里山を大きなテーマとしてもつ今森さん。

トークショーは里山についておもに話されました。

 

興味深い点がいくつもありました。

そのなかで里山という場所を表現するのに

大人と子どもの視点をいくつも並列的・同時的にみせるということでした。

全体をみわたすひいた写真と、地面すれすれの昆虫の写真を混在させるという

ことでした。

 

子どもはその視点がぱっぱっときりかわる。頭の中もきりかわる。

子どもの頃を思い出すとそうだなぁと思いました。

手のひらのうえのありんこをみつめていたと思ったら、

物干しざおにはためく洗濯ものをながめ

ずっとうえのながれていく雲をながめる。

ぜんぶ無心でみていたような気がします。

 

それにしても今森さんが写す自然と人間のうつくしいこと。

こころからこういう環境がのこればいいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ロマンチック

Aoiymanoue

佐内さんが好きで

写真をよく眺めている。

いろいろと好きだけど、「ロマンチック」は

なんでかときどきむしょうにぱらぱらと眺めたくなります。

 

写真を眺めるのはおもしろい。

とても不思議な気持ちになる。

時間のことを考えようとするのだけどわからなくなる。

 

渋谷のパルコで買ったのは

井上佐由紀さんの「screen」という写真集。

これは朝にながめるのに向いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

お知らせ

Hikohachi2

今朝、ニュースをみていたら梅雨が明けたと

天気予報でいっていました。いよいよ夏ですね。

大好きな夏です。ビールがうまい夏です。アイスもおいしいです。

 

お知らせをふたつさせてください。

①吉本神保町花月のチラシイラストをしました。

『HI・CO・HA・CHI』という公演です。

その公演がそろそろはじまります。7月23日~7月27日です。

http://www.fandango.co.jp/jimbocho/schedule/index.html#07

上方落語が誕生した歴史と、現在が交差するお話です。

落語好きな自分としてはとても興味があるので楽しみです。

 

②swimy共同企画公募展『おんさ』に参加します。

期間:7月30日~8月10日

http://www.swimy.info/

SEWING GALLERY、millibar、itohen、beyer、mizucaといった

関西のカフェやギャラリーによる共同企画の公募展です。

【響き】をテーマに平面、立体、写真、言葉、映像/音のジャンルの

作品が集まります。

 

ぼくは平面作品を展示します。場所はswing galleryです。

一点だけの展示ですが、もし関西方面の方でお近くに寄ることが

ありましたら、見ていただけると幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

オープンスペース

Onnnanokonoyume

最近は宇宙に関する本を多く読んでいる。

編集をしていても、絵を描いていても

生活をしていても、驚きというのがかなり重要だ。

 

このまえは仕事の途中でよったのが

NTTコミュニケーションセンターで開かれていた

「OPEN SPACE2008」という展示会でした。

あまり趣旨をりかいしていないまま面白そうなので

のぞいてみたら、とてもおもしろかったです。

最先端科学技術とアートの境界のようなものが展示/体感

できるようになっていました。

ここにも驚きがたくさんあると思いました。

科学も芸術も根本には驚きたいという欲というか衝動が

あるのかもしれないですね。

 

よく見たり、考えることで、ちかづける、かすかななにか。

 

 

下が展示会のサイトです。

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2008/Openspace2008/index_j.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

キセル

Dokokanomati

知らないどこかの町を想像するのは

なかなか楽しいです。

不思議な丸だって浮かんでしまいます。

 

昨日は恵比寿リキッドルームでキセルのライブを聴きました。

友人と一緒でした。

 

すこし暗めというかそんな感じの選曲は

体を任せていると、どこかに連れて行ってくれるようでした。

ドラムの北山ゆう子さんは音をとても大切にしている感じで

好きでした。エマーソン北村さんの動きもみていると楽しくなってきます。

そして兄弟の声はぼくたちを包みこんでくれました。

 

HPは公開したもののあまりまだ整っていなくて

すこしずつギャラリーやグッズを充実させていきたいと

思ったり、いやすこしずつなんてだめだ一気にやらないと!と思ったり

しています。

一気にやるほうに自分にはっぱをかけてみようと思います。

集中というのが最近のブームです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

劇的

Ie2

ずっと前に描いた絵。

本当にはなうた気分で。

日曜日は横浜スタジアムにベイスターズ対タイガース戦を

観てきました。外野自由席は満員。

試合は劇的すぎる劇的な内容でタイガースの勝利。

金本アニキはかっこうよすぎます。

今月は月末の神宮も行けるのでうれしいな。

 

このまえいつもより聴覚に意識を集中させて

歩いてみた。そういうテーマで歩いてみた。

そうしたらいろんな音が聞こえてきた。

あたりまえのようなことだけど。

その次に見るものをもっとしっかり見ようと

歩いてみた。

そうすると木漏れ日とかがとてもきれいに見えた。

 

シンプルな日常の出来事がおもしろい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

暑気払い

Happaukabu2_2

会社のそばの明治神宮の森は好きなのでよく歩く。

人の手で植えられたこの森はすでに天然林のようになったらしい。

だから深々としていて、むかしの武蔵野あたりの森はこんなんだったのだろうか

など想像しながら歩く。

そして葉っぱがゆっくりと落ちてくるのを眺めるのが気持ちがいい。

 

昨日は会社の暑気払いで新宿で焼肉を食べた。

ものすごくおいしかった。幹事さんに「ここを知っていたんですか?」と

聞いたら「ネットで調べたんだよ。便利だよねー」と言った。

隣にいた常務も「本当にネットは便利だよねー」と言った。

そのあと何回か同じことを言った。

その言い方がとても新鮮で、大発明に触れた子供のような無邪気な表情で

それが素敵だった。ぼくもネットは本当に便利だと思う。

当たり前に使っているけれどすさまじく便利。

こうして絵や文章をのせて、知りあうはずもなかった人と偶然交流が生まれることも

とても素敵なことだ。

 

2次会は言い方は詳しくないのだけどニューハーフバー?パブ?に

みんなでいった。ショーがあってはなやかで楽しかった。

おどろくぐらいみんなきれいで、話がたのしいから、プロはすごいと思う。

わいわいとたのしく話したり笑ったりしたら時間はあっという間に過ぎ

帰りは終電ぎりぎりダッシュ。新宿の深夜はみんなダッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

中野

Tiheisensika2

鹿や動物を描くのと、山並みを描くのは好きです。

昆虫も最近はとても好きになってきました。

 

一昨日は前にいた会社の後輩と、同業者のかたと

飲んできました。

中野のカルマで飲もうとしたのだけれど

30周年記念ということで、ワンドリンクで食べ物食べ放題のため

行ったときはすごい混雑していたのであきらめて

となりの中華屋さんでいただきました。

ふたりともものすごく絵本が大好きで、だから話すのはとても楽しかったです。

なんで飲んでいる時の時間はあっというまに過ぎていくんだろう。

 

食事が終わってからさいどカルマをのぞいたらこんどは座れそうだったので

なかにはいる。

もう食事はあらかたなくなっていたので、ぼくはなんとビールとケーキ!

でもおいしかった~。

店長に聞くとこの30周年記念のパーティはなんと3年連続行うという

ことなので、来年も来ようと思いました。

カルマの雰囲気はとても開放的で好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

STUDIO VOICE

Manga

今日は朝からfishmans『空中キャンプ』を聴いています。

朝に聴く「ナイトクルージング」も好きです。

静かな気持ちで朝がはじまるとうれしいです。

 

先日、スタジオボイスを買いました。

特集は「本は消えない」でした。

絵本という分野だけど編集にかかわるものとして

興味があるタイトルでした。

本は、手触りその他を含め、プロダクツとしての本はますます

輝くだろうし、そういう気概が必要になってくるということが書かれていました。

そしてzineの紹介に大部分のページがさかれていました。

 

自分は出版社に勤める編集者として、絵本をなるべくそんな気持ちで

作りたいと思いました。

なるべく個人の気持ちや愛情をこめて絵本を企画し編集したい。

 

また絵を描いているものとして、zineにとても興味を持ちました。

絵を描いていくことに、ルールがないことや、とにかく自分で考えて

多くの人に届けて、それがもとに発生するコミュニケーションに興味が

あるというか、醍醐味だと思います。

そんなときにこのzineというやりかたは本当にポジティブでいいな。

 

・・・読んでいてわくわくしたのは、「自分でやる!」という感じに

あふれていたからだと思う。

気がつくといろんな用意がすでにできていて、それしかないみたいに

思えてくるけれど、自分でやる時が一番わくわくします。

 

いろんなことでそう感じます。

旅だってそう。

ずっとまえ、ふと朝起きて、とおくの山並みをぼんやり見つめて

「いまこのままあの山を越えようと思って家を出たら旅の始まりだな」って思って

そのまま自転車で走りはじめたときがあるんだけど

なにも用意されていない感じでとても気持ちよかった。

いちいち自分で考える気がした。

 

そんな感じでぼくは絵を描いたり人と交流していけたらいいなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

うさぎと草原

Usagitosougenn

ふと浮かんだ景色を描いてみる。

絵は記憶や感情をうつす写真のようになればいい。

内側というよりは自分の外側にある気配や空気を描きたい。

 

昨日はcosmic wonderに[light construction]を見てきました。

mike millsとelein fleissとyoshimioとyukinori maedaさんの展示です。

仕事の合間に行くことができたのですが

最終日だったので間に合ってよかったです。

この3月まで書店員をしていて4月から絵本の編集をしているのですが

生活で大きく変わった点は、外に行くことが増えたということと

自由で融通がきく時間が増えたこと。こんな展示がみれるのが本当にうれしい。

 

会場は誰もいなくて本当に静かで気持ちがよかった。

ゆっくりと変化していく映像を、こっちだってゆっくりと同調した気持で眺めた。

お目当てのマイクミルズの作品はかっこうよかった。

これだけシンプルにできるというのはいいな。

考え事があって、それをどれだけシンプルに表現できるかということに

とても興味があります。

 

あと4畳ぐらいの木の板でできた部屋というか空間があって

そこはちいさい丸い入口からはいることができて

そこに座ると光がいい具合に差し込み、そしてyoshimioの音楽が流れる。

あまりの気持ちよさに寝そべりたくなり寝そべっていたら

スタッフの方が紫色のきれいなハーブティを持ってきてくれた。

とてもきれいだった。

すてきな展示でした。

場所、光、音、記憶、感情・・・そんな言葉を想いながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »