« うさぎと草原 | トップページ | 中野 »

2008年7月 2日 (水)

STUDIO VOICE

Manga

今日は朝からfishmans『空中キャンプ』を聴いています。

朝に聴く「ナイトクルージング」も好きです。

静かな気持ちで朝がはじまるとうれしいです。

 

先日、スタジオボイスを買いました。

特集は「本は消えない」でした。

絵本という分野だけど編集にかかわるものとして

興味があるタイトルでした。

本は、手触りその他を含め、プロダクツとしての本はますます

輝くだろうし、そういう気概が必要になってくるということが書かれていました。

そしてzineの紹介に大部分のページがさかれていました。

 

自分は出版社に勤める編集者として、絵本をなるべくそんな気持ちで

作りたいと思いました。

なるべく個人の気持ちや愛情をこめて絵本を企画し編集したい。

 

また絵を描いているものとして、zineにとても興味を持ちました。

絵を描いていくことに、ルールがないことや、とにかく自分で考えて

多くの人に届けて、それがもとに発生するコミュニケーションに興味が

あるというか、醍醐味だと思います。

そんなときにこのzineというやりかたは本当にポジティブでいいな。

 

・・・読んでいてわくわくしたのは、「自分でやる!」という感じに

あふれていたからだと思う。

気がつくといろんな用意がすでにできていて、それしかないみたいに

思えてくるけれど、自分でやる時が一番わくわくします。

 

いろんなことでそう感じます。

旅だってそう。

ずっとまえ、ふと朝起きて、とおくの山並みをぼんやり見つめて

「いまこのままあの山を越えようと思って家を出たら旅の始まりだな」って思って

そのまま自転車で走りはじめたときがあるんだけど

なにも用意されていない感じでとても気持ちよかった。

いちいち自分で考える気がした。

 

そんな感じでぼくは絵を描いたり人と交流していけたらいいなと思います。

|

« うさぎと草原 | トップページ | 中野 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何もわからずに、ドキドキしながら初めて新宿を歩き回っていた時のほうが、いろんな場所を知り、スタスタとスムーズに新宿を歩くようになった自分より、新宿の全てを知っていたような気がする、そんな気持ちを思い出しました。

意味わからなくてすいません。。

本って、人間と、とても良い間合いですよね。

投稿: かまこ | 2008年7月 3日 (木) 22時33分

fishmansを知って
ハナウタが増えましたー笑

こうして話していても
話してないんだなーとも感じます、

いつか
ご夫婦にって想って
個展へお二人への手ぬぐいを用意しまして
玄関に置き忘れましてね 笑

焦りながら桃林堂へ走ったのです 笑
スパイラルへ走ったのです、笑

いつか
お会いしたいです。近藤さんの奥さま。

いつか
いつかいつかお二人にって
えらんだ「てぬぐい」お渡ししたいです。

スタジオヴォイス読みました。
吉田健一さん。次に出会いますようにって願っています。

Zineってはじめて知りました。

>個人の気持ちや愛情をこめて絵本を企画し編集したい。
そんな編集者が
世にちかくにおられるのですね。しあわせだな。
ほーんとうに。

私の名には「佐」があります。
わたしはどーんな佐をできるだろうかなって
どきどきしながら暮らしています。

じぶんでやるって気持ち。
わかるけどわからないな、笑
おんなだからかな。

あの山を越えようと思って家を出たら旅の始まりだなって
わたしも そぅ思うのにな。

投稿: | 2008年7月 4日 (金) 00時02分

かまこさん
いつのまにか自動的になってしまうことって
多くありますよね~。
街を歩くこと、ぼくも同感です。
知らない時のほうが、とてもよくその街を
見ているというか、新鮮な気持ちで歩いている感じがします。
いろんなことにたいして、最初のような気持ちで
せっすることができたら生活はずいぶん違うように
感じられるでしょうね。でも不便なのかな・・・
でもあまり自動的に便利になるより
5感をふるに働かせて、新鮮な気持ちで生活
できたらうれしいなと思いました。

投稿: こうへい | 2008年7月 4日 (金) 06時23分

sakiさん(おそらく)

ハナウタが増えたんですね。
ぼくもfishmansのハナウタを歌うのですが
初期のほうはすやすくて後期はなかなか
難しいです。weather reportが一番好きなのですが
本当に難しい・・・ほとんど印象のような
曲なのかもしれないですね。

自分でやるって気持ちはなんでしょうねぇ。
なんでも、できることをやろうって
思えた瞬間ってとてもわくわくします。
こんな状況になったらとか、環境がととのったらとか
じゃなくて、いまこの瞬間にできることを
考えるのが好きだなと最近よく思います。

そういう気持の根っこには
旅ってどこかに用意されているんじゃなくて
いますぐに歩きはじめたりするだけのことなんだなって
強く実感したことがあるような気がします。

もっとさかのぼればちいさいころ
自転車が知っている道を走りまわるだけじゃなくて
ふと走っていたらすごい遠いと思っていた
「隣の町」まで来ていた・・・
なんて気持ちがあるような気がします。
おもしろいことです。

投稿: こうへい | 2008年7月 4日 (金) 06時31分

暑いですね
お疲れさまです*

昨夜は名前を書き忘れたうえに
私の話すっとこどっこいだな、

はずかしいな、
とんちんかんで
困られたでしょう。すみません+

こんな状況になったらとか、
環境がととのったらとかじゃないって
そう承知しているんだな心がつよいですね。

そういう健康を聴けた気持ちがしました*

投稿: saki | 2008年7月 4日 (金) 17時05分

sakiさんだってわかりましたよ笑

なるべく、自分で
できることを精一杯したいなーと
思って。
本当にせっかちなんです。(笑)

投稿: こうへい | 2008年7月 8日 (火) 06時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO VOICE:

« うさぎと草原 | トップページ | 中野 »