« | トップページ | 猫と洋服 »

2008年8月29日 (金)

冒険

飛ぶ教室14号を読みました。
特集は「愉快な冒険物語」です。
表紙の荒井良二さんの絵はあいかわらず
かっこいいです。

石川直樹さんの富士山の話もわくわくして読みました。
(連載の今江祥智さんのは最終回でした。
はやく単行本としてまとまらないかなー)

「冒険物語」はむかしからすごい好きでした。
いろいろと読んだなー。
とくに漂流物が大好きで、一時期
本気で漂流したいと思っていました。

「15少年漂流記」はもちろん
「神秘の島」や「孤島の冒険」等も好きでした。
努力して物事を解決していくという姿がとても好きでした。

あとタイトルはもう思い出せないのですが
江戸時代の日本の商船が漂流する実話っぽいのもよく読みました。
八重吉とかそんな感じの名前だったような気がします。。

冒険まではいかないけれど、旅ものもすごい好きで
星野道夫さん、カヌーの野田さんの本もよく読みました。

影響をうけたのか学生の頃はママチャリで北海道から
ずっと本州を南下っていうのもやりました。野宿しながら。
機会があればまた旅にでたいです。


あとこのまえも書いたRe:sを読み返しています。
いろいろと面白いのですが、ミシマ社の話がとても
よかったです。
こういうふうに、きっちりと自分がやりたいことと
出来る事を考えて、実際に動かれる人はすばらしいなー。
出されている本も、知らず知らずにいままで読んできた本が多かったで
す。
 

Re:sはすてきな雑誌だと思います。いろいろすきなところがあるのですが

なによりも作っている人の声が聞こえてくるところが好きです。

読んでいると、すぐそこにいて直接語りかけてくるようです。

そんなかんじってあまりないからすごい。
 


ようやく風邪は治ってきました。
bonobosとか、かせきさいだぁとか、HIGEとかを聴いて、
一気に治してしまおう!


Kiirotohituji 

|

« | トップページ | 猫と洋服 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険:

« | トップページ | 猫と洋服 »