« 冒険 | トップページ | 地下 »

2008年8月30日 (土)

猫と洋服

Nektoyoufuku

好きな本に皆川明さんの『ミナを着て旅に出よう』という本があるのだ
けど、この本を読むと、物事を成し遂げる速度というかペース配分のよ
うなことを考えさせられます。

人それぞれの体力や気質などによってことなるのだろうけど、自分がど
ういう速度を持っているかとか相性があうのかということを知っている
のは重要なことなんでしょうね。

知っていて、そのことに自信を持っていて、着実にすすんでいくという
ことが大切なんだろうなぁ・・・
そんなことをいつも思います。

ぼく自身はすこし遅いペースが体に合うようです。遅いペースですこし
ずつゴールに向かうというのが好きというか。じかんをかけて進めて行
くと、ある瞬間から景色が変わるというか、いままでの蓄積がいっきに
つながって行く瞬間もすきです。たぶん自信とかかわっているのだと思
います。

いまぼくは絵本の編集ということと絵を描くということを両方やってい
ます。
両方ともはじめたばかりで、目の前はほとんど真っ白な巨大な地図しか
ないという感じもします。
でも遠くかもしれないけれど、だいたいのゴールを描いています。
すこしずつそっちに向かって進みたいものです。

でも絵を描くことにかんしては、あまりゴールはないかもしれません。
描けば描くほど不思議な気持ちになります。
色って何だろう。気持ちってなんだろう。どこにあるんだろう。
そんなことがぐるぐるまわって、からんで、ほどけて、ばらばらに消え
て。
消えていくのがゴールかな。

そしてそういうことのさらにうえに、大げさかも知れないけれど、どう
いう風に生きていくのかっていうことも常に考えて行ければいいなと思
います。

皆川さん素敵な本をありがとうござい
ます。

今日の絵は猫が夜中に出会った景色。いろんなものが並列しているのって好きです。

|

« 冒険 | トップページ | 地下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫と洋服:

« 冒険 | トップページ | 地下 »