« cokage閉店 | トップページ | 風邪をひいた »

2011年6月26日 (日)

ごろごろにゃーん

先日紹介した「旅の絵本2」ともう一冊、僕が大好きだった絵本がある。
 
 
 
それは長新太さんの『ごろごろにゃーん』(福音館書店)だ。

 
 

読んだ人はわかるだろうけど、この絵本は言葉で説明することは難しい。

何匹かの猫が飛行船に乗り込み、
その飛行船が「ごろごろにゃーん ごろごろにゃーん」と飛んでいく。

飛行船は谷間であったり、草原だったり、いろんなところを飛んでいく。


 
 
そんな絵本だ。


 
 
 
 
僕はこの絵本が大好きだった。
もちろん子どもだから、理由なんてわからない。
ただ魅き付けられていた。
 
 

大人になって、僕はまだこの絵本が大好きだ。

いまでも言葉では説明しづらいけれど、
きっとこの絵本につまっている、原始的な何かが好きなんだと思う。

そして、広さが好きなんだと思う。

 
 

人間社会より、ずっと原始的ななにか。
ずっと広いなにか。


 
 
僕はこの絵本が
雷や、雲、台風や、暴風やどしゃ降りが
どこか怖くてどこか好きなのと似ている感じで
好きなような気がする。
4834009661


|

« cokage閉店 | トップページ | 風邪をひいた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごろごろにゃーん:

« cokage閉店 | トップページ | 風邪をひいた »