« ポロポロ | トップページ | 青色行進 »

2011年7月 2日 (土)

君とボクの

「君とボクの虹色の世界」という
ミランダ・ジュライの映画があるのだけど、
この映画がとても好きだ。

かわいらしさや、やさしさがたくさん詰まっている。

音楽もすごいいい。


そして、この映画には男の子の兄弟がでてくるのだけど
そのちいさい弟が最高。


本当の真摯さ。
人と人のあいだに光が通じる。
突拍子のない方法でも、光りをさしこんでくれる。


この少年はそういうことを、
その深遠な瞳で教えてくれる。


Img_379169_43211121_3


|

« ポロポロ | トップページ | 青色行進 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君とボクの:

« ポロポロ | トップページ | 青色行進 »