« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

2011年11月代田橋CHUBBY個展「LIGHT』&イベント

僕がとても大切にしている個展とイベントが11月にある。
代田橋CHUBBYさんで行うものだ。

一昨年、去年と開催させていただいて、
今年も開催させてもらうことになった。3年連続だ。


僕は絵を描き始めたのが遅く、そして誰にも習うことなく独学ではじめた。

いろんな人にとっていろんな絵の描き方や、あり方があると思う。
絵で表現しようと想っている世界や、スタイルはさまざまだ。


僕にとって絵はなんだろう?

そういうところを確かめるような場所だ。

僕にとって絵は人と僕を繋ぐものだ。
僕たちと(そして色の背後に潜む)美しさや、はかなさや、静けさや、悲しさを
繋ぐものだ。神聖なものに繋ぐものだ。
少し宗教にも似ている。

絵はとても不思議だ。
自分で描いておきながら、どうしてこの景色が生まれたのかはわからない。

どこからかやってきて、僕を通して現れた景色。
その景色を僕はみんなで一緒に楽しみたいといつも強く想っている。


きっと聴いてきた音楽がそのようなものだったからだろう。
僕も絵をそのように描きたい。

僕は絵を飾るスペースとしてCHUBBYが大好きだ。


なんというか、全然メジャーじゃない駅で、
細い路地をいくつか曲がった所にぽかっと突然現れる空間。
倉庫を改装したという広い空間。
おいしい飲み物と食事。


ここもいろんな物を繋ぐ場所だ。
一方的ではない場所。

みんなで楽しんでもらればいいなと思う。

タイトルとテーマは、ずっと悩んでいたけれど、
最近になってすっと浮かんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近藤康平個展『LIGHT』
期日 11月9日(水)ー11月28日(月)
場所 代田橋CHUBBY(京王線代田橋徒歩1分)
   http://www.chubby.bz/
内容 僕たちにいろいろなものを授けてくれる光り。
   光りには全部の色が含まれている。 
   光りのように絵を描くことができたらと願った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スペシャルイベント
日時 11月26日(土)17:00開場 18:00開演
出演 木暮晋也、原田茶飯事、トレモロイド、yisk
場所 代田橋CHUBBY
料金 3,000円(予約)、3,500円(当日)1drink&ビュッフェ形式食事付き
定員 90名
予約 contact@franx.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

echo°のときの写真②

293199_253897511316119_217924944913

力をこめて描いている最中。






298160_253897627982774_217924944913

全部、描き終えたあと、東君はさらに1曲歌ってくれた。
僕は座りながら聴いていた。






303186_253897594649444_217924944913

東君の向うからみた景色。




308254_253897374649466_217924944913


PLATON東正直。






素晴らしく楽しい一日でした。
東くんありがとう。
echo°のみなさんありがとう。

©Photos by Chisato Saito

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやすみなさい

おやすみなさい。

男の人と女の人がたっている。

同じ景色を眺めている。

20110919


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

echo°のときの写真

324286_289313741085632_100000210263


東君の声。本堂の空気。気持ちよくて仰向け。

325068_289313847752288_100000210263


午後の光が綺麗だった。


335704_289313894418950_100000210263

気持ちよく描かせてもらった!


©2011 echo° at Ennoji Photographer: Mr.CHARLIE.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月7日(金)吉祥寺キチムでライブペインティングします

10月7日(金)に吉祥寺キチム内のウラニワで
弾き語りとライブペインティングのイベントをします!

 
 
 
夜、20時ごろからのスタート。チャージフリーで投げ銭式です。
おいしい食事もできますので、ゆったりと遊びにきてもらえたら嬉しいです。

 
 
 

出演者は松本敏将(tobaccojuice)。

 
 
 

僕が彼とはじめて話したのはちょうど一年前の9月11日。
所沢航空公園のぼぶ音楽祭に出演していたときだ。
 
それから何度かバンドや弾き語りを聴きに行って、
いつか一緒にしたいと思っていた。


彼の音はなにかにささげている感じがする。

それは色を塗る時に込めたい気持ちを思い出させてくれる。


それが今回、実現するからとても楽しみだ!

 

彼は覚えているかどうかわからないけど、去年なにかしようって話になったときに
「歌唄いと絵描きの夜って感じはどう?」「いいね!」みたいな話になった。


だから、今回のイベント名は勝手に「歌唄いと絵描きの夜」に決めました(笑)

 
 


歌唄いのもう一人は近々発表できると思います!


絵描きは僕ともうひとりuzuちゃん。

居心地いい空間に響く歌。
キチムの大きな窓ガラスを使ってのペインティング。


そして酒などを楽しむ金曜日の夜にしたいと思っています!
よかったら遊びにきてくれたら嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベント名「歌唄いと絵描きの夜」
日時   10月7日(金) 20:00スタート
場所   ウラニワ(吉祥寺キチム内)
      180-0004
      東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7吉祥ビルB1
      0422-27-2959 
      http://uraniwajp.jugem.jp/
出演   松本敏将(tobaccojuice)
      近藤康平
      uzu
      and more!
チャージ 無料(投げ銭式ライブになります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーペーパー「手紙」

「手紙」というフリーペパーが刊行された。

東北の被災地の方に、手紙という形で
そのような親密なものとして、想いや絵や言葉などを
届けるという趣旨のフリーペパー。

仙台を中心に置いてもらう予定だそうです。

 
そこに参加して絵を描かせてもらいました。
 


今後、往復書簡のように、ずっと続いていけばいいな。2011091812090000

僕たちに静かな幸福が満ちてきますように―

Tegami


このような絵を描いた。


フリーペーパーの詳細はこちら。
「手紙プロジェクト実行委員会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月17日(土)大森圓能寺「echo°」報告

9月17日(土)、チャリティーイベントecho°に参加してきました。
 

お寺でのイベントというのははじめてだったのだけど、
とてもいいものだなぁと思いました。
お寺ってもっともっと普段使いしたい空間だと心から思いました。
 
気持ちがいい!!


 
落語、絵の展示、音楽、クラシックバレエ、トークショーなど
いろんな出し物がありました。
それぞれの時間帯によって、お寺の本堂の中は光の入り具合も変化し、
それぞれの時間帯で楽しめることができました。
 
 

 
 
僕はPLATONの東正直くんとふたりきりでやりました。

 
 
東くんとふたりでやるのはひさしぶり。
 
 
そしてそれがとても心地よかった。

本堂の中に、東君の声とギターが気持ちよく響いた。
 
 
あまりに気持ち良くて、終わった後に、リクエストして
もう1曲唄ってもらってしまった(笑)
 
 

このイベント、これからも続いていきそうなので楽しみだな~。


本当にみなさまおつかれさまでした。


 
 
そして来てくださったみまさまありがとうございました!!

2011091717150001


2011091717160000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日(土)代田橋CHUBBY。「ひめたるやぼうがある。」報告

9月10日(土)、代田橋CHUBBYに福岡のアートグループ
アトリエブラヴォのみなさんがやってきました!
 
 
今年で3年連続となるCHUBBYでのアトリエブラヴォの展示&イベント。
 
 
僕は過去に行われたこのイベントに客として参加していました。
 
 
それはすごくいいイベントでした。


そして、今年は光栄なことにライブペインティングとして参加させていただきました。
 
 
 
構成は全部で3幕+休憩中の一幕。


それぞれ1幕に本田 雅啓さん、三谷 由芙さんvs門英彦氏さん。
第2幕に川上勇樹さん、高田扶美さん、山 聖子さんvs僕。
休憩中に近藤純平さんvsあずみ虫さん。
そして第3幕に樋渡幸大さんvs小池アミイゴさん。
(全幕通してバックにはずっとアミイゴさんのDJ)

ぜんぶ、ライブペインティングというすさまじいイベントだったのですが、
それぞれ雰囲気や見せ方もことなり、僕も一観客として楽しめたし、
お客さんにも楽しんでもらえたように思えます。
(アトリエブラヴォサンによるこの日の日記。)
 

僕も自分で規模は小さいけれどイベントをするものにとって
このイベントはすごく大変だし、労力もいるイベントだろうと思います。
頭が下がる思いだし、いろんな方が支えてくださったんだと思います。
本当にありがとうございます。


今回は僕はアトリエブラヴォのみなさんとは初対面のようなもので、
事前に伝えられていたことは「vs」ということで、対決のような気持ちでやってください
というものでした(笑)


結果的に対決的というよりは協力的なものになったのかな?(笑)

好きな小池アミイゴさんのDJプレイに乗りながら、川上さん、高田さん、山下さんと
絵を描くということは純粋に楽しい時間でした。

ここで得たものを大切にがんばっていきたいです。


来てくださったみなさま。
スタッフのみなさま。
アトリエブラヴォのみなさまありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

月と海

海は不思議だ。
海を眺めると心が落ち着く。懐かしくなる。
眺めなくてもいい、想うだけでもいい。

鳥取に暮らしているとき、海は本当にそばにあった。
自転車で5~10分だった。

その海はとてもきれいだった。
人が少なく、静かだった。

関東で生まれて育った僕には信じられなかった。

うれしくて僕は早朝によく海にいった。
学校をさぼって昼にもいった。
夕方にもいったし、夜遅くにいくこともあった。

夜の海には友人とよく一緒に行った。
夜の海で泳ぐことはこわいけれど、
静かに浮かんでいると、包まれてくるような
幸せを感じた。鳥取は夜空もきれいだった。

僕はいろんな海の中で
満月の夜の海がとても好きだ。

20110913


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月10日 (土)

自分のための絵

近頃は友人の結婚式の記念として絵を描いたり、
カーテンの絵を描いたり、
個人的に飾る用の絵を描かせてもらう機会が増えて来た。

その空間のための絵。
その人(たち)の絵。

コミュニケーションをとりながら、
サイズや色合いなどをおおまかに決めていく。

そして最終的にはやはり偶然やいろんなものに
身を任せていく。

そういうのはとても楽しい。


「自分の部屋のための絵」
「自分のための絵」
「プレゼントのための絵」


ご希望の方はご連絡下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

lete

先週、木暮晋也さんの弾き語りを聴きに

下北沢leteにいってきた。

 

いろんな方がやっていて、行きたいなぁとかねがね思っていた場所だけど

行くのははじめてだった。

 

下北に着くとちょうど雨が降ってきた。

最初は小雨だったけれど、だんだんと強くなってきて、

かなり強くなってきて、雨の音はバラバラとはげしくなってきたところでleteに到着。

 

こじんまりとした木によるあたたかい空間だった。

 

こういう空間で過ごす雨の時間はとても好き。

 

そこに木暮さんのたっぷりとした弾き語り。

贅沢だったな。好きな曲もいっぱいやった。

 

お酒もたくさん飲んでしまった。

 

また行こうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

男の人とギターと光

男の人とギター。

曇っているような晴れているような。


夕方か朝のような。


光がこぼれてきて圧倒された。


こんな曲はできるのかな、と考えた。
201109032


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ictarz

僕の友達のictarzことトレモロイドの小林郁太くんが
おもしろいことをはじめた模様。

http://web.me.com/ictarz/let_me_speak_longer/Blog/Blog.html


すごい共感して見守っている。
すごいいいチャレンジだなって。

「音の何でも屋」ってイメージだ。
それも個人商店の。

個人商店だからいろいろ融通が利いちゃう。
システム整っていないけれど、
「明日、どうしても納品してくれない???」
「え~~明日!!まあ、いいよ!やっちゃうよ!」
「なに?そういうの普段扱ってないけれど、いいよ!取り寄せるよ!」

そういう強み。


僕は、だいたい、ひとりで自分流になにかを
はじめちゃうって人が大好きだ。

特に用意されたルールややり方ではなくて
自分で考えて、自分でいいと思うことをやる。

工夫をするっていうのは本当に面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 1日 (木)

フレデリックバック

東京都現代美術館に
フレデリックバックの展示をみてきた。

すごい作品数とアニメーションを見ることができた。

初期のアニメーションも素朴でよかった。

ある時期から、一気にギアが変わるというか、
転換期があるのがおもしろかった。

やってきたことが積み重なって、
それはただの足し算ではなくて、
一気に飛躍する瞬間があるんだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »