« 原田茶飯事 | トップページ | chubby営業 »

2011年11月23日 (水)

木暮晋也

木暮晋也さん


木暮さんにはいろいろなイメージがある。
 
 
 
 
 
 
そのなかで、僕にとっていちばん最初にあるのは、トーテムロック。
なんていうか、こういう感じでいけたらなぁという雰囲気がギュッと詰まっている。
あの軽さ、あのかっこうよさ、あの決意的な感じ。
 
 
 
 
 

そして、HICKSVILLE。
 
 
 
 
 
 
そして・・・
小沢健二のヴィレッジのイメージもあるし、
fishmansのも強烈。LONG SEASON REVUEでのweather report とかなんだか涙がでた。
スチャダラでの木暮さんも最高。ジャカジャーンとかかっこよくて笑える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、ソロ。
 
  
  
  


震災直後、僕はセブンスフロアのイベントに遊びに行った。
 
 


そこに木暮さんも出演していた。


それは、電気も空調も使わない、空間でおこなわれた、どこか特別な夜だった。
会場は裸電球がメインで、薄暗かった。


だけど、みんな心を演奏をしていて、僕は拍手を送りたい気持だった。
みんなにとって、お店にとっても、お客さんにとっても、出演者にとっても
やはり特別な夜だった。

 
 
 
 
  
 

そのなかで木暮さんが登場した。

 
 
 
 
 
 
その木暮さんが最高だった。
なんていうのか、すごくごく自然体でロックンロールを鳴らしていた。
裸電球を手でゆらして遊んだりしながら。

  

 
僕はそのことに胸をうたれた。
7thfloorの赤木さんが爆笑していた。その笑い声がよかった。
 
 
 
 
 
 
 
終わった後、すこしお話をさせてもらった。ちょっと緊張した。

 
 
でも楽しかった。
 
 


僕はいつか木暮さんとイベントをしてみたいものだなぁと心から思った。


かっこうよさも、かわいらしさも、激しさも、軽さも、静けさも、ノイズも含んでいる。


絵だってそうだよなぁ。

 
 
 
 
 
 

それで、今回の「LIGHT」のイベント、出演者を考えた時に木暮さんの顔が浮かんだ。
 
 
 
 


絵描きのイベントで歌ってくれるだろうか・・・歌ってくれたら最高に嬉しいのだけど・・・

 
 
  
そんな気持ちお願いをしにいったら、最高に嬉しいことに唄ってくれることになった。

 
 
 
嬉しくて嬉しくてたまらない。
 
 
 
もう、3日後だ。

 

|

« 原田茶飯事 | トップページ | chubby営業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410143/43112830

この記事へのトラックバック一覧です: 木暮晋也:

« 原田茶飯事 | トップページ | chubby営業 »