« RAINBOW/Rainbow afer rain fall | トップページ | 濃密なライブペインティングをした後の日は »

2014年3月10日 (月)

3月8日は「音×色」で思いっきりライブペインティングをしました!

3月8日(土)は「音×色」(ネイロ)でした。
ゆっくりと振り返ってみたいと思います。
(ちょっと長くなってしまうと思います)

この日を迎える僕の気持ちはとても説明がつかないものでした。

白井良明さんというムーンライダーズのギタリストであり
20世紀少年やアイデン&ティティという映画音楽を手掛けられた
表現者の大先輩。

アイゴンさんという僕が音楽にはまっていったころの
ヒーロー。

そして、同世代でこんな表現者がいてよかったと
心から尊敬している渡辺シュンスケさん。

こんな方々をお迎えしてイベントができることに、そして
梅ちゃんや沖縄からamazonmatudaさんもご一緒にできるということは
喜びと興奮と緊張が一緒にやってくる不思議な気持ちでした。

そんな気持ちで当日を迎えたのでした。

リハーサルになってその気持ちがますます高まりました。

その気持ちがじょじょに統一されてきたのは、
白井良明さんのリハーサルを聴いているときでした。

良明さんはビートルズの「ノルウェイの森」( Norwegian Wood)を
ふいに弾き始めたのでした。

それは、とてもかっこいい聞いたことがないノルウェイの森でした。

浮遊感。
壮大な森。

そんな音の森に包まれたような気持ちになりました。

それは絵を描くにはぴったりの音でした。

僕の気持ちはもう絵に向かってまとまっていきました。
楽しみでしかなくなっていきました。

(ちなみに、あとから良明さんに聞いたら
「リハでふっと弾いてみて、いい感じだったから
今日はこれをやろうと思ったんだ」ということでした)

そして、本番がはじまりました。

最初はアイゴンこと會田茂一さん。
僕はアイゴンさんのあの優しい音がとても好きで、
聴くといつも切なくなってしまうのです。
それで絵はラブストーリーのような展開になっていきました。

お客さんのほうを向くと泣いていらっしゃる方もいて、
一緒に物語を感じてくれたんだなぁと感動しました。

次は沖縄から来たamazonmatsudaさん。
ギターをたたきながら非常にアグレッシブな演奏だったので、
かなり雄大な景色を描くことができました。
最後はたくさんの山並みを描きました。

そして、白井良明さん。
最初はラップというかポエトリーリーディングのような曲から
一気にその世界に持っていかれました。
時間があっという間に過ぎていきます。

絵もいつもとはまったく違う色遣いになったり、
とてもとても楽しい時間でした。
宇宙、都会、森・・・さまざまなところを旅させてもらいました。

その次に渡辺シュンスケ with umeちゃん。
シュンスケさんとは去年の代田橋CHUBBY、
そして1月のシンシュンシュンチャンショーと
続けてとても楽しい交わりとさせていただいているのですが、
昨日もまたとても楽しかったです。

個人的にはblue birdsはとても印象深く、
なんというか曲の色を捕まえてペインティングができたと思います。

即興演奏の「ジャカルタ(の夜)」もとても
楽しい時間でした。

そして、一番最後にみんなでセッションをしました。

思うと人生で一番たくさんライブペインティングをした夜でした。

縦1.8メートル×横3メートルの作品を
3枚描いたことになります。

腕があがらないぐらいに疲れたのですが、
でも本当に本当に楽しくて、その日の夜の酒の味は格別で、
格別すぎて結局朝まで飲んで踊ってしまいました。
(朝までお付き合いいただいたDJ荒川さんありがとうございました。
そして、好きな曲がかかると立ち上がってふらふら踊る
シュンスケさんが面白かった)

出演者のみなさま。
DJ荒川さん、VJ土井昌徳さん、フード飲&YO!
セブンスフロア。
来て下ったみなさま本当にありがとうございました。

次回の「音×色」(ネイロ)はまだ決まっていないのですが、
またどうぞよろしくお願いいたします!

|

« RAINBOW/Rainbow afer rain fall | トップページ | 濃密なライブペインティングをした後の日は »

ライブペインティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410143/55319203

この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日は「音×色」で思いっきりライブペインティングをしました!:

« RAINBOW/Rainbow afer rain fall | トップページ | 濃密なライブペインティングをした後の日は »