« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

ス薔薇式セカイ、楽しかった!

昨日は、渋谷7thfloorでライブペインティング。 

 
山口進さん(夜ハ短シ)、五味岳久さん(LOSTAGE)、下岡晃さん(analogfish)と
ご一緒でした。  
下岡さんとはちょうど去年のいまごろ、一回ご一緒したことがあり、
山口さんと五味さんとははじめまして。 
 
どうなるかなぁと思っていたのですが、
とても楽しかった! 
 
緊張感もあり、緩さもあり。 
それぞれの歌はもちろん、キャラクターもおもしろくて
楽しくライブペインティングさせてもらいました。 
 
 
みんなかっこうよかった! 
 
見てくださったみなさまありがとうございました。
羽イヤリング&ポストカードもも好評で嬉しかったです!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

7月29日

今日は渋谷7thfloorでライブペインティング。 

 
大好きなイベンター・ブッキングの今関さんのイベント
「ス薔薇式セカイ」。
 
 
出演者もとても楽しみ。
 
下岡晃さん(Analogchish) 
 
五味岳久さん(LOSTAGE) 
 山口進さん(夜ハ短シ) 
 
というメンツ。
 
 
僕はいま茨城県に住んでいるから、渋谷までは1時間40分ぐらい。 
電車そのものは1時間ちょっとだけど、 
家から駅まで車で15分ぐらいかかるのと、
渋谷駅からセブンスまでも10分ぐらいかかるのと、
乗り換えとか考えると、それぐらかな。 
 
 
でも、僕が茨城から渋谷まで来てるというとみんなすごく
びっくりする。きっと2時間半とか3時間ぐらいかかると思っているのかな。 
 
水戸とかからだとそれぐらいだけど、僕が暮らしているところは
利根川を渡るとすぐ、上野から40分ぐらいの場所なのです。 
 
 
今日は午前中は制作。 
午後も出発するまでも制作。 
 
もしかしたら雨が降るから、父さんに洗濯物を
とりこんでもらうのを頼むのを忘れないようにしよう。 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

今日

今日はずっと家にいて制作だった。 

 
イベントはもちろん好きだけど、
こんな日はほっとする。 
 
ほっとするのは父さんに食事を作ってあげられるからだ。 
 
朝は焼き魚と味噌汁とほうれん草のあえ物。 
昼はソーメン。 
夜はコロッケとキュウリとミョウガとオクラと梅干を刻んだのに鰹節と
麺つゆで味付けしたのをだした。 
 
こんな簡単な物でも父さんは喜んでくれる。 
父さんはとても食が細いから食べてくれると嬉しい。 
 
基本的に部屋でずっと制作をしているけれど、
ときどき部屋をでて父さんが見ている高校野球をちょっと一緒に見たり、
「暑いね」とか「雨が降るかな」とかそんなことを話したりする。 
 
今日はもう少し制作をして寝よう。 
 

続きを読む "今日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブペインティングということについて

Ckxbovsueaaqbwu

土曜日はハンドメイドインジャパンフェスにSchroeder-Headz(ソロセット)とライブペインティングをさせてもらい、その時に特別な感情におそわれたので、一昨日昨日となかなか言葉に整理できなかったのですが、ようやくまとまったので書いてみようと思います。(とはいえ、めちゃくちゃ長くなりそうだけど・・・)

あの時、ステージの上で僕は大きな喜びに包まれていました。

横には大好きなSchroeder-Headz渡辺シュンスケさんがいて、その音にあわせてステージで思いっきり絵を描いている・・・。 
 
そのことに大きな緊張感と達成感がありました。

・・・なぜ、あんな気持ちになったのだろうとこの2日間
ぼんやりと考えていました。

きっとそれはフェスのステージの上というのが重要だったんです。そして40分という時間で行ったということも。 
 

 
僕はライブペインティングパフォーマーです。 

それはライブ(生)でペインティング(絵を描いて)して、
それがパフォーマンスとして成り立たないといけないという
ことです。 
  
 

でも、このことは絵を描くということと本来
けっこう矛盾はしていることだなぁと思います。

 

というのも、絵というのはライブやパフォーマンスとして
発達してきたジャンルではなく、基本的にひとりで誰かに
見られることなく描き、完成したものを公開するという
ジャンルだからです。
 

日野克彦さんが何かの番組でおっしゃっていたけれど
「絵のライブ感って時間差があるんですよ」というのは
その通りだと思います。
 

基本的に絵描きは一人で時間をかけて絵を完成させていく。
絵が生まれていく現場は作者だけが見ています。 
 
しかし、その絵と鑑賞者が対峙して、その筆のタッチやもろもろを眺めながら、作者の心境や想いなどが伝わってくる。
それが10年だったり、100年だったり、1000年だったりします。その時間差が絵のライブ感です。  
 

それは、絵ならではの神聖なライブ感だと思います。 

 

それに比べて音楽のライブは違います。

 
その場で音という波動をぶつけて、
一刻一刻変化をさせながら、ドラマを作っていく。

 
音はもちろん、演者の動き、空気、そんなものを
瞬間瞬間でつくりあげいく。
 
 
そのことを特にロックやポップスという
シーンでは40分とか60分という時間でおこなう。 
 
しかも40分とか60分という曲があるわけではない。 
3分とか5分という曲という単位をいくつか重ねて
40分とか60分というライブ体験を生み出す。

もちろん演者のオーラというか身体性もとても重要。

このことは絵とはずいぶん違うなぁと思います。

絵には3分とか5分という単位はありません。
そして、その3分とか5分という単位の度に
自由に雰囲気を変えるということもできません。 
 

絵は基本的に色を塗ると後戻りできない。

もちろん長い時間をかけて乾かしたたら、
さらに違う色を塗ることによって、後戻りもできます。

でも、短時間だと色を塗り、色を塗り、色を塗っていくと
どんどん進行していきます。

音楽はバラードをしたあとに、アップテンポの曲をして、
そのあとにもう一度静かに戻るライブもできます。 
 
でも、絵は薄い色を塗った後に、濃い色を塗って、
もう一度薄い色に戻ることはかなり難しい。
ピンクを塗って、青をぬったら、ピンクと青が混じった
色が生まれてしまいます。

こう考えると音楽とともに短時間で行う
ライブペインティングというは成立するのか?という
気持ちになります。

だけど、僕が想い、そしておこなっている
ライブペインティングは音楽とともにあります。 
 
本来の絵の土俵とは違う音楽のライブで成立する絵・・・
そこがライブペインティングの面白さであり難しさであり、醍醐味なんだと思います。 

後戻りや自由な変化を許さないはずの絵に、音楽と寄り添い、同期しながら、いろんな変化をもたらし、そのことによって
音楽だけでは感じられない、まさしく音と絵のコラボによってだけでしか感じられないドラマを生み出すこと・・・。

 

実はライブペインティングという言葉やパフォーマンスは
ずいぶんと広まってきたし、あちこちで見られるようになったけれど、まだ赤ん坊のようなジャンルなんだと思います。 

 
実際に、僕がライブペインティングに興味をもって、
ちょっと勉強してみたいなぁと思った時に、
まとまった本や資料というのは探すことができなかった。 

つまりライブペインティングが、まだまとめることができるような量も質もないジャンルというのが本当のところなんでしょう。 
 

それでも、僕が調べた範囲ではグラフィテイというのジャンルでのライブペインティングはずいぶん歴史も蓄積されてきたし、
プレイヤーがいる。

でも、ロックやポップスというジャンルでは
まだまだはじまったばっかりのような気がします。

だから、音楽フェスやさまざまなところでライブペインティングは見られるようなったのは嬉しいことだなと思う反面、
それれがほとんどステージで行うことはなく、
ステージとは別の空間が用意され、
音楽ステージとは別の時間間隔で行われていることは
ライブペインティングがパフォーマンスとしては
まだ成立していないんだろうなぁと思います。 
 
 
 
だから!
僕はこのハンドメイドインジャパンフェスで
Schroeder-Headzの音楽ととてもステージの上で、
40分という時間枠でできたことが、
ロックやポップスが大好きな絵描きとして、

ライブペインティングをずっと続けてものとして、
なんか、大きな意味がある気がして嬉しかったんだと
思います。 

そして、そのことは、

日頃各地を一緒にまわってくれる
シンガーソングライターが僕にたくさんの経験や
スキルや喜びを与えてくれたからできたのだし、

ユニットを組んでくださるギタリストがいたり、

日頃、床やそこらへんを汚しまくる僕を
面白がってくれるカフェやライブハウスの店主が
いたからできたのだし、

いつも理解をしてくれるシュローダーヘッズ渡辺シュンスケさんやSMA吉田さんがいたからできたのだし、
ハンドメイドインジャパンフェス事務局もそうだし、
 
 
なによりも、いつも楽しんでくれて応援してくれる
方がいるからできたんだなぁと、とてもありがたい気持ちと嬉しい気持ちになります。 
 
 

…本当に長くなってしまいました。

これからも、ライブペインティングの可能性を
もっと探っていきたいと思っています。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

ハンドメイドインジャパンフェス、終了しました!

Ckzvth9uyaawi2h

 

 

昨日はハンドメイドインジャパンフェス2015(東京ビックサイト)で

ライブペインティングでした。

Schroeder-Headzソロセット×近藤康平でステージにたたせていただきました。

 

本当に渡辺シュンスケさんが作る曲は
美してくて、アグレッシブで、格好良くて、
ときに美しすぎて悲しくて。。。

シュンスケさんの曲でないと浮かばない景色が
たくさんあります。 

そして、何よりもステージでのシュンスケさんの
存在感やパフォーマンスが大好きです。 

僕は最後は踊って描いていました。
めちゃくちゃ興奮しました。

貴重は機会をいただいたシュローダーヘッズと
関係者とハンドメイドフェスジャパンに
心から感謝しています。 
 
またたくさんお集まりいただきました
みなさまに感謝しています。 
 
すっごいみんなが楽しんでくれているのが
伝わってきて、僕は幸せでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

オーダーペインティング

おかげさまでオーダーペインティング好評でありがたいかぎりです。
このあと予定として決まっているのが
8月17日(月)沼津BOAR
8月21日(金)京都(場所後日発表)
8月25日(火)代田橋CHUBBY
です。もう少し増えるかもしれません。
スケジュールはこちらです。
値段や素材については下をご参考にしてくださいませ。

オーダーペインティングについて・・・

絵をいれたいものをご持参くださいませ。その場で絵を描いて、 世界で一点のものに仕上げます。  

金額はだいたい靴・ワンピースが5000円、

スカート・シャツ・トートバッグ・スマホケースが4000円ぐらいが目安です。  

 

ほとんどの布・皮・木・紙製品は大丈夫です。  

 

ガラス・金属などもつるつるしたものでも置物でしたら可能です。 スマホケースは透明のプラスチックのものをご用意くださいませ。  

時間は30分から60分ぐらいで仕上がることがほとんどです。

 

いままでに描いたものには 靴・スマホケース・シャツ・ワンピース・ズボン・スカート・帽子・エプロン・ Tシャツ・トートバッグ・バッグ・リュックサック・ノート・手帳・ガラスの器・日傘・ネクタイ・ジャケットなどがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

7月25日(土)はschroeder-headz×近藤康平 in HandMade in Japan Fes 2015

今週の土曜日7月25日は東京ビックサイトで開かれる 

HandMade in Japan Fes 2015に
Schroeder-Headz×近藤康平で出演させていただきます! 
 
ハンドメイドインジャパンフェスというのは、
ハンドメイドのものを取り扱っているCreemaさんというサイトが主催で
ハンドメイドクリエイターによるフェスで日本で最大規模のもの。 
日程は7月25日〜26日。
場所は東京ビックサイト。
 
 
クリエイターさんが5000名以上というのだから、
本当に驚きです。 
 
ここにこのフェスの趣旨というか主催者の想いが
書かれているのだけど、とても素晴らしいなぁと思いました。

 
このフェスに出場できるだけで、絵描きにとってとても嬉しいことだし、
しかもそれがSchroede-Headzというのが本当に嬉しい!!
Schroeder-Headz、本当にありがとうございます。
思いっきり描きたい思います。 
 
しかも、他に出演者にHARCOさん、ワンダフルボーイズ、D.W.ニコルズ
ととても楽しみな方々。 
 
僕らの出番は17:50から。
入場料は1000円。

みなさん、遊びにいらしてくださいね!
 
タイムテーブルなどはこちらです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

明日は恵比寿BATICA

明日は恵比寿「BATICA」で樽木栄一郎くん/ううじんさん/チャンタツとケイタロウさんとライブペインティング。 
 
この企画は、BATICAさんと僕の共同企画。 

3人の弾き語り奏者にあわせて近藤がどのようなライブペインティングをするのかをみたい

という、BATICAの堀さんのアイディアからはじまった企画です。 
 
それで、どなたとご一緒すればいいのか堀さんと
相談をしていたときに樽木栄一郎くんはふたりのあいだで
まず決まっていて。

そのあとに、僕が堀さんにこの人とやりたいなと
伝えたのがううじんさんでした。 
  

ううじんさんとはじめてお会いしたのは
もうずっと前の代田橋CHUBBYで、そのときは
たしか「青のダンス」というイベントだったような気がする。 

そのあと何度か一緒に飲む機会があって、
(たしか早稲田のリフトとか)
歌そのものもそうだけど、歌にむかう姿勢や
生活を大切にしていくようなところが好きで、
すっかりファンになってしまいました。 
 

それで、一昨年の代田橋CHUBBYでの僕の個展に
ううじさんに出演してもらい、それはとても
歌を唄ってくださったのでした。 
 

ううじんさん、いま新しいアルバムを作っている最中なのかな??またあのときと違うううじんさんも見れるような気がして、とても楽しみ。 
 
なにより樽木君とううじんさんが一緒に見れるなんて
素晴らしい機会だと思います。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。 
 
ノベルティグッズのポストカードの用意もあるそうですよ!!

------------------------------------------------------------------------------- 

タイトル:近藤康平×BATICA presents 『おといろこえ』
■日程:2015年7月16日(木)
■時間:OPEN-START 19:00-19:30
■会場:恵比寿BATICA
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南3-1-25 ICE CUBE 1F/2F
http://www.batica.jp/

■チケット
<当日>¥2,800(+2D)
<前売>¥2,300(+2D)

【LIVE】
樽木栄一郎
ううじん
チャンタツとケイタロウ

【DJ】
hanadagumi
and more…
-----------------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

7月16日は恵比寿BATICAで樽木君・ううじんさん・チャンタツとケイタロウさんとライブペインティング

明後日、16日(木)はいよいよ恵比寿BATICAにて樽木栄一郎君と、ううじんさんと、チャンタツとケイタロウさんとライブペインティング。 
 
弾き語り三人にたいしてそれぞれのライブペインティングをします。 
 
何気に樽木君と都内で一緒にやるのはとても久しぶり。
いつ以来だろう。。
探してみたら、なんと去年の11月の代官山「山羊に聞く?」以来だ!!!びっくり!!! 
 
そして、この後も都内で一緒の予定がないんでぜひ遊びに来ていただけたらと思います!
 
 
樽木君とはじめてご一緒したのは2012年の12月。
札幌でした。
それから2年と8か月ぐらいでいろんなところを
旅したなぁ。

樽木君と一緒にやるのはいつだって
特別な時間になります。

人生で一番多くライブペインティングをしてきた人だ。 
 
樽木君は絵の理解力がとんでもなくすごいと思います。
童話や絵本が好きなのも関係あると思う。

写真は渋谷タワレコでやったときの! 

 

Img_2276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

7月8月9月

今年の夏は楽しみなことがいっぱい。

7月16日 恵比寿 w/樽木栄一郎・ううじん・チャンタツとケイタロウ
 
7月25日 ビックサイト(ハンドメイドフェス) w/schroeder-headz
 
7月29日 渋谷 w/下岡晃(Analogfish) / 五味岳久(LOSTAGE) / 山口進(夜ハ短シ)
 
8月6日  渋谷 w/OLDE WORLDEとス薔薇式セッションバンド

<Vo.Ag.OLDE WORLDE/B.伊賀航/po

etry reading.toto/ Dr.藤井寿光/Gt.フタキダイスケ

/LivePainting.近藤康平>

 
8月21日 京都オーダーペインティング
 
8月22日 京都 w/樽木栄一郎
 
8月23日 小牧 w/樽木栄一郎

8月24日 代田橋CHUBBY w/water water camel
 
8月25日 代田橋CHUBBY オーダーペインティング
 
8月26日 代田橋CHUBBY w/渡辺シュンスケ(schoerder-headz.cafelon)
 
9月2日 三軒茶屋
 
9月12日 渋谷 絵描き10周年記念イベント 1日目 w/PLATON/CANVAS BAND(木暮晋也&近藤康平)/DJ荒川
 
9月13日 渋谷 絵描き10周年記念イベント 2日目 w/白井良明/原田茶飯事

9月17日 小倉
 
9月18日 博多 
 
9月20日 別府
 
まだ、もう少し増えると思います!

そして秋は個展がふたつ。というか、年内はあとふたつ。 
 
ひとつは代田橋CHUBBY。もう一つが台湾です。 

12月は少し休んでゆっくりしようと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

絵を描いて10年記念イベント 2日目

2daysの2日目は
もう古くからの仲で、大好きな原田茶飯事君。
 
そして大先輩で大尊敬して大好きな白井良明さん(ムーンライダーズ)に
出演していただくことになりました。 
 
さらには、ずっとご一緒してみたかった蜜の参加も決定!
う、嬉しすぎます。。
 
 
日程:2015年9月13日(日)
会場:渋谷7thFLOOR
イベントタイトル: check rat you×近藤康平 presents
「絵を描いて10年記念イベント 2日目」
出演:白井良明 (ムーンライダーズ)/ 原田茶飯事  / 蜜
ライブペインティング:近藤康平
DJ:荒川聡
FOOD:飲&YO!
開場開演:17:30/18:30
料金:前売¥2.800当日¥3.300(共に+1drink(¥500))
配券:,店予約,アーティスト予約,
告知解禁:7/10(金)
7thfloor電話予約:7/11(土)〜9/12(土)(15:00〜20:00 tel:03-3462-4466)
info&ticket:
7thFLOOR 03-3462-4466
http://7th-floor.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵を描いて10年記念イベント 1日目

僕は今年で絵を描きはじめて10年。
 
 
その記念に特別な2daysを行いたいと思います。
大好きな人達に出演してもらうことになりました。
 
 
初日は大好きなギタリスト木暮晋也さんと僕で
はじめたARTでROCKなユニットCANVAS BANDが出演。 
 
 
さらに、いつもは転換で素敵な音楽をかけてくれる大好きなDJ荒川さんの
プレイにあわせて絵を描きます。
 
 
 
そしてそして、実現してとても嬉しいです。
この日限り、限定でPLATONが復活します。
 
 
ご予約お早目に!!
 
 
日程:2015年9月12日(土)
会場:渋谷7thFLOOR
   http://7th-floor.net/
イベントタイトル: check rat you×近藤康平 presents
「絵を描いて10年記念イベント 1日目」
出演:PLATON / CANVAS BAND(木暮晋也&近藤康平)
ライブペインティング:近藤康平
DJ:荒川聡
FOOD:飲&YO!
開場開演:17:30 18:30
料金:前売¥2.800当日¥3.300(共に+1drink(¥500))
配券:,店予約,アーティスト予約,
告知解禁:7/10(金)
7thfloor電話予約:7/11(土)〜9/11(金)(15:00〜20:00 tel:03-3462-4466)
info&ticket:
7thFLOOR 03-3462-4466
http://7th-floor.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

アイゴンさん

今日、ご一緒させてもらうアイゴンこと曾田茂一さん。

 
 
アイゴンさんのことはエルマロや数々のプロデュースのお仕事で
知っている方も多いと思うけれど、僕にとっては7thfloorでの
アイゴンさんが一番印象がおおきい。
 
 
セブンスで会うアイゴンさんはいつもかわいくて、優しい。
そして、なぜかいつも照れたような感じでずっと佇んでいる。
先輩だけど、なんか可愛らしい方だなぁと失礼ながら思ってしまう。 
 
アイゴンさんは数回ご一緒させてもらったことがあるのだけど、
そのたびに、本当にあらためて、「なんてギターの音がかっこいいのだろう」と
思ってしまう。とてもリフがかっこいいなぁと新鮮に驚いてしまう。 
そしてロマンチック。
 
ご自身の曲もそうだけど、セッションのときも感じる。
あのギターに僕は乗せられてしまう。 
 
 
そのアイゴンさんの別の側面を知ったのは、
おととしのこと。 
 
写真家の前原猛さんと仙台の荒浜にアイゴンさんが
かかわりをもって、それを記録として公開したり
ライブをしたりしていた。 
 
被災した荒浜をアイゴンさんは、なんだかとても静かに
優しく歩いていた。 
 
それは、セブンスの時のようにちょっと照れているようであった。
でもそれとは別のちょっと違う表情もしていた。 
 
その静けさはとても優しいことなんだろうなと思った。 
 
今日はアイゴンさんと3回目のライブペインティング。
前回はトランペットと一緒っだけれど、
今回は一対一。
どんな時間になるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

オータコージさん

明日はいよいよ自主企画の「音×色」(ネイロ)。 

 
出演者のひとり、オータコージさんのことをはじめて
観たのは曽我部恵一バンドでのパフォーマンスで
あれはもう5年ぐらい前なのだろうか。 
 
恵比寿でオールナイトイベントだった気がする。 
 
すごいアグレシッブで、何か言葉にならない声で
叫んでいて「かっこいい!」と思った。 
 
それから、すこしたって、今度はL.E.D.のオータさんと出会った。
僕はその日はticklesさんとライブペインティングで出演したのだけど、
その対バンでL.E.D.が出演で、そのドラムがオータさんだったのだ。 
 
L.E.D.でのオータさんはやはりアグレシッブだったけれど、
曽我部恵一バンドのときとは少し雰囲気が異なり、
「オータさんはこのような音楽もやるんだ!」と驚いた。 
 
そのあと、僕はL.E.D.とご縁が生まれて、
ジャケットの絵を描かせてもらったりするようになった。
 
それで、いつか一対一でライブペインティングをしてみたいなと思って、
実現したのがもう3年前のことだ。 
その時は、オータさんはサンプラーなども持ってきてくれて
音響的なアプローチをしてくれて、とても楽しかった。 
 
そうだ、あの日は、エマーソン北村さん、木暮晋也さん、そして急きょ
MC ATOM君も参加してくれてみんなでセッションもしたんだった。
素晴らしい時間だったな。
 
そして、明日なんだけど、この前とはオータさんは
また違うアプローチをしてくれるという。 
 
3年前と今日。
僕はどのように描いてきたのか自分でも確かめることが
できるような気がして、すごい楽しみ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

制作

今日も雨。

今日も午前中から制作。 
 
この時期、絵の具が乾くのが遅くて困るけれど、
洗濯ものを乾かすようにかった除湿器を
使って、早く乾かす。 
 
個展は今年はあと1回。
(日本では1回だけど台湾でも1回する) 
今年の前半は、新宿伊勢丹、渋谷パルコ、福岡、札幌と
続けてやったから、後半はぐっとしぼっている。 
 
会場は僕のホーム、代田橋CHUBBY。
10月最終週から11月いっぱいまで。 
 
とにかく、たくさん飾るし、期間も長い。
たくさんの方にきてもらいたいな。 
 
いつも音楽を聴きながら絵を描くのだけど、
今日は住岡梨奈さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

郵便局

 
雨が続いている。
今日は今にも雨が降りそうだけど、
曇りで雨が降っていなかった。 
 
 
郵便局まで郵便物をだしにいった。
歩いて15分で往復で30分。
森や畑のなかを行く道だから気分転換になる。 
 
少しさきには好きな神社もあり、
そこまで行くと往復35分ぐらい。
 
郵便物はすぐ近くのポストに投函をすればいいのだけど、
なんとなく郵便局の窓口で出す癖があり、
郵便局まで行ってしまう。 
 
 
特に値段の改定があってから、
いまいち値段がわからないから、
窓口でださないと不安になる。 
 
 
帰ってきたら雨が降ってきたから、
早目に行っておいてよかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光浦靖子さん

 

11248058_10207697227092780_70951815

 
 
ACID GALLERYと僕のコラボ服を
光浦靖子さんが着て、テレビに出演されたそうです。
 
光浦さん、好きだから嬉しいな。 
 
この服は今年の2月〜3月に伊勢丹新宿本館4Fにておこなった
個展のときに、ACID GALLERYとコラボで作ったもの。 
 
このときは伊勢丹の全館テーマが「park the flower」ということで
花モチーフの絵をたくさん描いたし、服も一緒につくってもらいました。 
 
夏にあう服もたくさん作ったから、
これから来てくれる人がいるのかな。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

7月25日はハンドメイドフェスでschroeder-headz×近藤康平

schroeder-headz×近藤康平で

7月25日にビックサイトで開催される「ハンドメイドフェス」に
出演させてもらうことになりました!
楽しみだ!
渡辺シュンスケさんとはソロでご一緒する機会が多く、
そのときはカフェロンの歌ものも演奏してくれて、
僕はシュンスケさんの歌声が好きだからとても嬉しいのですが、
schroeder-headzももちろん大好きなので、
久々のschroeder-headz×近藤康平は楽しみです!
詳細はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »