« 広島 | トップページ | ライブペインティングワークショップ »

2016年4月26日 (火)

5月17日~5月30日銀座「月光荘サロン 月のはなれ」個展です

展示名:近藤康平個展「未完成のような」期日:5月17日(火)~5月30日(月)
場所:東京銀座「月光荘サロン 月のはなれ」    東京都中央区銀座8-7-18月光荘ビル5階    (銀座駅より徒歩8分/新橋駅より徒歩3分)    03-6228-5189    info@tsuki-hanare.com    【web】http://tsuki-hanare.com/
営業時間:月〜金 14:00 ~ 23:45 土 12:30 ~ 23:30 日曜、祝日 貸切営業のみ
在廊予定 5月17日(火)14時~22時        5月20日(金)15時~17時(*19時~オープニングパーティー) 5月21日(土)19時~23時 5月25日(水)14時~18時 5月27日(金)18時~22時 5月30日(月)15時~23時(*17時~ラストデイドリンク) ステイトメント: 銀座の路地。ある雑居ビルディングの階段を5階まで上がっていきます。 するとそこには不思議な空間が広がっています。 植物とコンクリートと楽器とお酒・・・。 ふと上を見上げると空が広がっています。 自分がどこにいるのか忘れてしまいます。    この不思議な空間で個展を開かせてもらえることになりました。 ここは銀座の老舗画材屋「月光荘」が営む不思議なギャラリー&バー。 100年の歴史をもつ画材屋が新しく生み出した現在のサロンです。 ここでの個展のテーマは「未完成」としました。 絵を描いているときに思うことがあります。 それは絵は描き始めから描き終りまでどの段階でも美しいということ。 ある意味、絵は白紙の状態をふくめてどの瞬間も美しくて、どの瞬間も完成と言えるのかもしれません。 想えば宇宙そのものが永遠に完成することなく、つねに未完成である美しさそのものなのだから当然なのかもしれません。 月光荘とのコラボによりいままで使ったことのない画材による絵や 在廊中にはゆるやかに手を加えて更新される絵・・・新しい試みをたくさんします。 この新しいサロンと僕が交わるところに新しく美しい未完成が現れますように。 *今回は新しい絵の展示?売り方?をしてみたいと思います。在廊の日は僕は基本的にライブペインティングを緩やかにしていようと思っています。もし見ている人が「あっ、いまこの瞬間が完成だ」とか「この瞬間の風景が好きだな」と「この瞬間の絵がほしいな」と思ったらお手元の鈴を鳴らしてください。 僕は常々絵は見ている人が完成させるものかもしれないなぁと思っていました。一本の線でも人によってはそれが地平線に見えたり、壁に見えたり、いろんなものが見えます。そしてそれを美しく思ったり、愉快に思ったり、悲しく思ったり・・・その人が積み重ねてきた経験と、いまの心境。それが交差する視線の先に絵が立ち上がるなぁと。 この試みによってより絵と会話をしながら大切な「今の絵」を見つけてもらえたら幸いです。(白紙の状態で鈴を鳴らすのもあり!)   

|

« 広島 | トップページ | ライブペインティングワークショップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410143/65173785

この記事へのトラックバック一覧です: 5月17日~5月30日銀座「月光荘サロン 月のはなれ」個展です:

« 広島 | トップページ | ライブペインティングワークショップ »