« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

夏の音楽

夏がやってきた。

夏で音楽といえば僕はPLATON(プラトン)。
僕が絵を描く前からの友達で、
それで絵をはじめてからもずっと仲良くさせてもらった。 
 
ほんと青春をともにしたような感じだなぁ。 
 
だからいまでも聴くとぎゅっとなる。 
炭酸少年とか。 
PLATON/TOKYO YOUTH!
 
本当に名盤だと思います。

 
 
PLATONは活動休止だけど
去年の僕の絵描き10周年イベントのときに出演してもらった。 
すごいうれしかったな。 
 
来てくれたみんなもうれしそうだった。 
 
そうそう、毎月奇数の月の第3金曜日だったかな。
下北沢QueでDJ荒川さんと遠藤さん主催でナイトミーティングという
オールナイトイベントがあったんだけど、
それにPLATONはレギュラーで出演していた。 
 
なんていうかあれば青春だったなという気がする。
それでジィオデシックのけいたくんとか、やまとくんとか
渋谷屋根裏からのセブンスからの六本木VARITの店長TKCとか
そのとき仲良くなったみんなといまでも仕事でからんでいられるのも
遊びの延長みたいでうれしいな。

続きを読む "夏の音楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

今年も

今年も代田橋CHUBBYで個展をさせてもらいます。 

 
今年で8年連続なんだ。。
 
季節はかわらず11月ごろだけど、今年は少し長くて6週間。 
たっぷりと準備をしないと。 
 
もうそれにむけての制作に入っています。 
 
8月はすこし忙しいけれど、今月下旬と9月と10月は
あまりイベントいれないで制作にたっぷりと時間をとらせてもらった。 
 
どんな展示になるのか・・・。 
 
緊張もするし楽しみな時間。 
去年、CHUBBY高木さんと僕のなかでけっこう「やりきった感」というか
手ごたえを感じてしまったので、今年はすごくやりがいがある。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

8月14日(日)福岡市六本松「Cafe-Bar atoma」オーダーペインティングイベント

11826021_934815536588566_9088809001

8月14日(日)は福岡市六本松にある「Cafe-Bar atoma」というところでオーダーペインティングイベントを開催させてもらいます。  

 

 
実はここで開催できるのがとてもうれしい!

 

というのもここのオーナー前田修太郎くんとは去年30年ぶりにあった人物だからだ! 

 

彼はずっとむかし8歳のころまで僕が暮らしている取手市に住んでいた。僕のひとつ学年の男の子だった。僕にはひとつ下の妹がいたから妹の同級生。

 

修太郎君は男の子三人兄弟の末っ子でとてもやんちゃな兄弟ただったな。やんちゃでワイルド。ザリガニをとってきてそれをバケツにいれて近所に売るという、僕にとっては画期的な驚くべきお小遣いの稼ぎ方をしたりもしていた。

 

僕はその三人と仲良くて、よく裏の山の崖ですべりおりて遊んだり、カブトムシをとったり、ザリガニをとったりして遊んでいた。

 

でも彼は8歳のときに福岡に引っ越しまった。
 

修太郎君は僕のなかにはけっこう記憶に残っていてでももう一生会うことはないんだろうなぁと思っていた。 
 
ところが妹がフェイスブックで彼とつながり「いま修ちゃんは福岡でレストランをやっているらしいよ!」と教えてくれた。そして修ちゃんはフェイスブックを通して僕の活動を知ってくれた。 
 
 

そして去年、福岡六本松のチガヤさんでライブペインティングをしている日に修太郎君は遊びに来てくれた!!! 
 

 

僕がキャンバスを張って準備しているときに、彼はふらっと現れました。僕はその瞬間に「修ちゃんだ!!!」とわかりました。 

 

だから「修ちゃん!!久しぶり!!!」といった! 

 

修ちゃんはにこにこ笑って「お酒好きなんだって」と言いながらお酒を渡してくれた。 

 残念ながら夜には自分のお店があるから、ライブは観れないけれど一目会いたかったから、と言ってくれた。  

 

それで僕はいつか修太郎君のお店でなにかできればいいなぁと思っていて、それで今回このオーダーペインティングイベントをさせてもらうことになりました。
 

 

修ちゃんのお店でイベントができる!!!!
 

そう思うだけでなんだかすでに幸せが体を包み込んでいます。 
 
お互いもう40歳になったりなろうとしているんだね(笑)

 

よろしくね。

---------------------------------------------------------------------------
場所:福岡市六本松「Cafe-Bar atoma」
   【住所】福岡県 福岡市中央区六本松3-16-28-101
   【tel】092-791-8296
   【facebook】https://www.facebook.com/CafeBarAtoma/
時間:14:00~20:00
内容:シャツ、バッグ、靴、スマホケースなどお好きなものをお持ちください。その場で絵を描いて世界でひとつだけのものに仕上げます。
金額はだいたい靴・ワンピースが6000円、スカート・シャツ・トートバッグ・スマホケースが5000円ぐらいが目安です。
ほとんどの布・皮・木・紙製品は大丈夫です。
ガラス・金属などもつるつるしたものでも置物でしたら可能です。
スマホケースは透明のプラスチックのものをご用意くださいませ。
時間は30分から60分ぐらいで仕上がることがほとんどです。
いままでに描いたものには靴・スマホケース・シャツ・ワンピース・ズボン・スカート・帽子・エプロン・
Tシャツ・トートバッグ・バッグ・リュックサック・ノート・手帳・ガラスの器・日傘・ネクタイ・ジャケットなどがあります。

続きを読む "8月14日(日)福岡市六本松「Cafe-Bar atoma」オーダーペインティングイベント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 
僕が暮らす家は僕が3歳ごろに建った家だから、
もう築37年ということになる。 
僕がいま40歳で仮に僕がこのまま50歳、60歳、70歳・・・と
暮らしていけば当たり前のことだけど築50年、60年、70年という
家になっていく。 
 
この家は父の高校生の友人の方が設計士で
その方が設計してくれた。 
父の北海道の実家をどこか思い出すような作りになっている。 
 
この家ができたときはおじいちゃん、おばあちゃん、
父さんと母さんと妹と僕。そして叔母さんも一緒に暮らしていたので
7人で暮らしていた。 
 
いまは父と僕のふたりだ。 
とても丈夫に作ってくれたみたいなので、
大切に暮らせばずっともつだろうとのこと。
築100年や150年ぐらいになったこの家を見てみたいな。 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

オーダーペインティングツアー

オーダーペインティングツアーというのはいままで1度だけやったことがあって

ツアーといっても3日間だけなんだけど、そのときは沼津、広島、福岡と行った。 
けっこうな移動距離。
 
それで今年の夏もそんなツアーをすることになった。 
今回は8月14日福岡、15日北九州、16日広島
という日程。ぎゅっと移動距離も短くなって、前回の反省を生かして偉い。 
 
いずれもここ数年でとてもご縁が深くなった土地。 
 
こうしてオーダーペインティングでまわれるなんてうれしいことです。 
 
ライブペインティングも楽しいけれど、オーダーペインティングは
半日ぐらいかけてゆっくりとその場所とかかわれる感じがしてとても好き。 
 
楽しみです。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

急きょ

昨日の14時ごろかな??

六本木VARITの店長赤木さんから電話がかかってきた。
 
VARITは5日ほど前に展示&ライブをさせてもらった場所。
(なにか忘れ物でもしたかな??) 
 
と思って電話にでたら赤木さんは
 
「近藤さん、今日何しているの???」
ときいてきた。 それで
「今日は家で制作をしているよ~」とこたえたら
「おっ!そうなの~~。近藤ちゃん・・・・今日VARITで展示しない???
はっはっはっ~」
と笑ってきた。 
「えっ!本当に??」
と答えたけれど、もうこのやりとりのこの瞬間で展示をすることは決めていた。 
 
 
VARITにはこの前の展示の作品がまだ保管してもらっているし
設営は簡単にできる。 
そしてなにより赤木さんのいうことなんだから。
赤木さんはずっと昔からの遊び仲間。
 
 
 
それで急きょ、家でやらないことをまとめて
夜の20時ごろから23時ごろまでVARITで展示をした。 
 
ずっと会えていなかった方にも会えたし、はじめましての方にも
会えたしうれしい時間だったな。
 
この日はフリーイベントだったのだけど、そのわりにはDJ陣が
びびるぐらい豪華でアイゴンさんに、imazekiNGにtatsuさん(レピッシュ/JET SET BOYS)にYabbyさん(DUB STATION)というメンツ。。
ほんとみなさんかっこよかった。
最近は仕事や打ち合わせ以外には意識的に都内に出ないようにしていて、
遊びに行くことがなかったんだけど、
でも昨日は久しぶりに「遊び!」って感覚もあって楽しかったな。
赤木さん、ありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

8月

今日は雨。 

 
今週は平日は家にいて作業。 
今年はかなり意識してライブを減らしてなるべく週末中心だけにしている。
(それでも多くなってしまうけれど) 
 
年齢や体力や意識も変わって、父さんの体調もあるし、
平日ずっと家にいれるのはけっこううれしい。 
制作をする時間、散歩をする時間、本を読む時間、家事をする時間
そういうのがたっぷりとあるのがうれしい。 
 
 
今月も残りのイベントはあとひとつ。
7月23日(土)の逗子のオーダーペインティング。
 
その分、8月はわりと忙しい。
8月1日はLululuの企画。渡辺シュンスケさんも一緒にライブペインティング。 
7日(日)は目黒でオーダーペインティング。
11日~13日は原田茶飯事君と福岡、熊本でライブペインティング。
14日と16日は福岡と広島でオーダーペインティング。 
27日と28日は樽木栄一郎君と郡山と福島にライブペインティング。
もう少し決まっているのだけどまだ詳細がでていないので
またあらためて告知しますね。 
今日は涼しい。
25度ぐらいというのはちょうどいい。
作業もはかどりそうだ。 
最近読んだ本で面白かったのはこれ。
『怪奇小説日和』西崎憲/編訳(ちくま文庫) 
 
ときどきというかわりと常日頃、日常を超えていくような感覚を
味わいたくて、だからファンタジーとか妖怪とか不思議なものが
大好きな人は多いと思うのだけど僕もそう。 
 
そしてそれは大げさなものではなくて、あぁ、あるかもな。。。ぐらいの
さりげないものがいいときがあって、そんなときにこれはよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

7月16日六本木VARITありがとうございました

7月16日、六本木VARITでの自主企画「pictures」無事に終了しました。

満員御礼。
たくさんのお客様に来ていただき感謝しています。 
遠方からも来てくださってありがとうございました。
 
出演してくださった上野啓示君(カミナリグモ)、OLDE WORLDEバンドセット(ドラム小松シゲル、ベース上野恒星)、DJhanadagumi、本当にありがとうございました。 
六本木VARITにも大変お世話になりました。ありがとうございます。 
啓ちゃん(笑)の静かで深くてせつない世界。
沼田君のフリースタイルの世界。
両方とも絵を描いていて幸せな時間でした。 
僕は絵を描いているのですが、その活動の仕方はいろいろです。
そしてこの企画はその僕の活動の中でも絵の展示、ライブペインティング、ライブドローイングをみっつ体験してもらうイベントでした。 
 
みんなそれぞれ楽しんでもらえたようでそれがとてもうれしかったです。 
 
今後とも続けていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の地球

最近、読んで面白かった本。 

 
どこで買ったんだったかな??
原美術館の群馬のほうで買ったのか。 
タイトルにひかれて買ったのだけど
とても面白かった。
遊び心と見立てと実験。 
 
こんなふうな視点を持つと、
日々のすべてが遊び道具になりそう。 
 
「近所の地球」
鈴木康弘・著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

雨や雲や風と絵

昨日は雨がよくふって風も強かった。
窓から見える木々はよく揺れていた。 

 

僕はつくづく雨や雲や風にゆれるものや、
波や流れる水や雪などを眺めるのが好きで、
ずっと眺めてしまう。 
 

 
動いていて流れるものは飽きることがない。 
 

 

そんな雲や波を眺めるときに感じる
なんとも心地のよい素晴らしい気持ちを
絵でもあらわすことができたらいいなぁとよく思う。 
 

 

なのに。
絵は止まっている。静止した世界だ。 
時間も止まっている。

 

だから僕はいちじき映像作品がうらやましいなぁと思っていた。 
映像はそんな動きや流れをとらえることができ、
また動きや流れとして人に見せることができる。 
 

 
でも最近は考えが変わってきた。

映像より絵のほうが流れや時間を表現をするのに
僕にとってはよく感じられるんだなぁと。 
 

 

不思議なことに1枚の静止した絵のなかに、
動きやはてしない時間を感じられることがある。 
色が動き、登場人物が動き、ずっと過去やはるか未来の
時間のことが感じられることがある。

 

また絵を作るという作業を考えても
僕はアナログの絵の制作をしていから、
絵の具をたらしたり、水をかけたりして、
絵が自由に流れ出すのを眺めたりして
作業そのものも絵は自然に近い感覚で作ることができる。

 

 

それを感じると、とてもドキドキする。 

 

静かに止まっている絵によって感じられるその感覚が好きだ。 
 
  

きっと僕の感性が古いのもあるのだろう。 

 

 

とても興味があるので映像作品を見るのだけど
映像作品はたとえば10分や30分や1時間などの作品の
前後の時間や、それを超えていく感覚を持つのがすこし難しい。 

ディスプレイを見つめ続けるということに疲れてしまうのもあるのかもしれない。 

 

 

きっと映像というのは強烈で、人に訴える力がつよくその分不自由な世界なのかもしれない。
 

 

 

でもそれは僕が見てきた映像作品がたまたまそうなだけかもしれないね。

 

もっといろんな作品を見てみたいな。

 

 

最近思うのは自然の動きをみて心地よく感じられるのは、自分が消えていくような一種の瞑想のような感覚で、絵はそのような状態に近いんじゃないかなぁということ。

 

 

物語と自然。
具体的なことと抽象的なこと。
止まることと動くこと。
身近なことと果てしないこと。

 

 

そんなことを考えて作品を作るのは楽しい。 

今年も11月から代田橋CHUBBYで個展がある。
 

今年最後の個展。
 

どんな展示になるかとても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

今週末

今週末の7月16日(土)はいよいよ六本木VARITでの自主企画。

上野啓示くん(カミナリグモ)とOLDE WORLDE(バンドセット)とあわせて
絵を描くのが本当に楽しみ。ワクワクするなぁ。 
 
絵の展示もするので盛りだくさんの内容です。 
どんな1日になるのだろう? 
 
次の日、17日と18日は岐阜と名古屋。 
 
岐阜は久しぶりだ。 
 
 
今週は平日はずっと家にいる。 
外にでようかなぁと思うけれど、最近外出は控えている。
 
やっぱり家にいるのが好きだなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

郡山/仙台

7月2日と3日は郡山と仙台に行ってきました。 

2日はオーダーペインティングイベント。
3日は樽木栄一郎君とライブペインティングでした。 
 
郡山は最近ご縁ができて、この前も成山剛君と笹の川酒造さんで
ライブをしたばっかり。 
またこれてうれしかったです。 
 
仙台での樽木君とのライブペインティグも楽しかったな。 
 
各地のみなさま、来てくださった皆様には心から感謝です。 
 
今回、樽木君とは仙台合流で仙台解散だったので
行きと帰りは一人でした。 
上野から新幹線で郡山はあっという間。 
1時間40分ぐらいだったかな。 
 
次の日の仙台はホテルのチェックアウトから会場の入り時間まで
余裕があったから普通電車で行きました。 
 
これがすごく楽しかった。 
僕はぼんやりするのが得意だから、ぼんやりと景色を眺めるのが
本当に楽しかった。 
 
僕は新幹線はちょっと緊張する。
なぜかというとぼんやりしていたり、寝ていたり駅を乗り過ごすのが
恐ろしいからだ。
新幹線で乗り過ごすと恐ろしいことになる。。。
 
 
特急でもまあまあ恐ろしことになるのだけど、
特急ではいままで何度か乗り過ごしている。
だけど新幹線ではまだない。
 
今回は本当は途中から超ローカル路線の阿武隈急行に乗って、
それで仙台に行きたかったのだけど
ちょうどタイミングが合わずそれに乗ると遅れちゃうので乗れなかった。
残念。。。 
でもいつかまた郡山/仙台ツアーというのがあったら、
常磐線で水戸まで行って、そこから水郡線で郡山にいって
それで阿武隈急行にものって仙台に行けたら最高だな。 
 
全過程とてつもなくぼんやりできそうだ。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »