告知

2016年3月 3日 (木)

母さんは庭をとても愛していて、

花を心から大切に育ていて。 
いちにちずっと庭にいることもあって、
そんなときは本当に満足そうな満ち足りた顔をしていた。 
 
母さんがいなくなり、庭は前よりも荒れてしまった。
なるべく僕も手をいれていきたいな。 
 
去年はライブペインティングをたくさんやった。
地方でもかなりやった。 
その分、家を空ける日が多くなってしまった。 
 
今年から少しずつ減らしている。
その分、家にいる時間が長くなる。
制作の時間が長く取れるのがうれしい。
そして庭や畑にももっと触れていたい。
母さんが植えてくれていた球根の花は
この先週から芽をだしてくれる。 
 
最近はクロッカスが咲き始めた。 
 
それを眺めるているととてもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

竹内ハナコさん

 

今度の名古屋での個展でのコラボアーティストの紹介。
竹内ハナコさん。 

彼女は絵描きであり、雑貨作家さん。 
 
本人にお会いするより、僕は彼女の絵に先に出会った。 
 
 

名古屋のミュージシャン里帰りの星野ゆりさんに教えてもらったのだ。 
 
ゆりさんと僕は共通の知人がいて、その人はゆりさんに「康平君の絵が好きだと思うよ」と
伝えていて、僕には「里帰り、きっと好きだよ」と伝えてくれていた。 
 
 
それで僕とゆりさんは知り合うことができて、そのゆりさんが
「ロックンロールというライブハウスにとても巨大な壁画があって、
それがすごい」と僕に教えてくれた。 
 
 
つくづく、絵というのは人と人を繋ぐ力があるのだと思う。 
 
それで、僕はすぐにその絵をスマホで見せてもらった。
それは、スマホだからとても小さい画面だけど、それでもものすごい迫力を感じた。 
絵は大きければ、迫力はある程度でると思うのだけど、それだけではなく、
精神性を感じる素晴らしい絵だなぁと思った。正直、ちょっと嫉妬を感じるぐらいだった。 
 
 
話を聞くと、まだ20代中盤の女性だった。
「すごいなぁ」と僕は思った。 
 

それからご縁があり、ハナコさんは絵を描くだけではなくて、
雑貨やアクセサリーの作家さんだということも知った。

 
僕は今回の個展をするときに
ハナコさんと何かコラボができればいいなぁと思った。
 
 
僕は絵描きで、できることは絵を描くことだけだけど、
絵のいろんな側面を引き出したいと思っていた。 
 
見につける絵、オブジェとして空間のあり方を変える絵・・・。
絵にはいろんな可能性がある。
 
 
それで、ハナコさんとコラボをすることになり、
いろいろと相談をしたり、物を作っていくうちに、
彼女は魔法使いではないかと僕は思うようになった。 
 
 

今回のコラボは主に僕が絵を描いた「布」を
ハナコさんが服にしたり、クッションにしたり、オブジェにする。 
 
ハナコマジックで、布が、素敵なものに変身していく様を
ぜひご覧くださいませ。

僕とのコラボグッズはもちろん、彼女のオリジナルアクセサリーも
販売するのでお楽しみに!

Btou_7fciaa72v1

 

Img_40891

Btyl5aacqaegdba

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラフイユ/葉さん

こんどの個展のコラボアーティスト、ラフイユ/葉さんのこと。

 
 
ラフイユ/葉というのは旅する花屋さん。 

 
実店舗は持たずに、オーダーに臨機応変に応じて
各地を旅する花屋さん。 
 
そして、花屋さんというか植物屋さん。
ガーデニングでもなくて、花屋でもなくて、
植物が好き。

 
そんな自由な活動をされるだけあって、とても柔らかくて
自由な魂の持ち主。そして穏やか。 
 
 
ラフイユ/葉さんにはじめてあったのは、去年のこと。
小牧の「shima」でライブペインティングをしたときに、
遊びにいらしていて、樽木君に「康平くん、きっと大好きだから」と
紹介された。 
 
それは、嘘ではなくて、ちょっとだけご挨拶しただけで
僕は人柄が好きになってしまった。 
 
 
 
それで本格的にお付き合いがはじまったのが、
今回の個展を通じて。 

 
いろいろとコラボをどうするか、
話をしていく中で、彼が本当に本当に植物が大好だということがわかった。
 
 
彼と話していてとても嬉しいのが、ほとんど言葉がいらないこと。
やっていることをいろいろと説明しないこと。
 
僕は絵も音楽も植物も、やはり、最終的には説明はそんな
いらない気がしている。
やはり、それ自体が力を持てばいいのだし、語ればいい。 
 

絵だって、植物だって、あるべき場所に、ちゃんとおけば
僕たちが見たい世界を、それ以上の世界をみせてくれる。 
 
だから、コラボはあっという間に出来上がった。 
 

なんていうか、風貌も含めて、似ているような気がしている。


10528056_618031621645847_296826872_

10484763_618032171645792_1719218067



| | コメント (0) | トラックバック (0)

明後日8月2日(土)から名古屋「rita」で個展はじまります

Btdv3vaciaa_zzy

10453335_10204802979698404_45088046



 

いよいよ、明後日8月2日(土)から名古屋「rita」ではじめての個展がはじまります。 
 

ここしばらくはずっとその準備をしてきました。
とてもいい展示になりそうです。 
 
いまから設営するのがすごく楽しみ。
(めちゃくちゃ大変そうだけど)
 
 
今回は名古屋のアーティストとコラボもします。
旅する花屋さんのラフイユ/葉さんと
竹内ハナコさん。 
 
ふたりのおかげで、またいつもと違う世界が作れそうです。
それもとても楽しみ。 
展示だけではないです。
期間中はイベントが3回もあるし、
4日間の公開制作もあります。 

たくさんの方と会えたら嬉しいなぁと思っています。

--------------------------------------------------------------------

イベント名:近藤康平個展「under」 期間:8月2日(土)~15日(金) 場所:愛知県名古屋市「spazio rita」 http://spazio-rita.com/ 愛知県名古屋市中区栄5丁目26ー39 GS栄ビル B-1 052-265-7176 *期間中休日は8月3日(日)、8月10日(日) 営業時間:18時~24時(滞在制作日は15時から24時。8月9日のみ時間未定) 公開滞在制作:8月5日(火)~8日(金) コラボアーティスト:ラフイユ/葉、竹内ハナコ ステイトメント: 以前、ダイバーの素潜りのドキュメンタリー番組を見たことがあります。 ダイバーは深く息を吸い、そして無呼吸のまま海の下へ下へもぐっていきます。 その動きはとても滑らかで優雅で神秘的なものでした。 海の青さが深みをましていました。 響いている音もきれいでした。 とてつもない平安な世界に感じられました。 ダイバーは海の底に潜ると共に、普段の意識の下の下のほうの世界に もぐっているのかもしれないと思いました。 そして、僕はこのことと絵を描くことは似ていると思います。 意識の下の下の領域へ。 僕たちの意識の下のほうにあるのは 絶対的な美しさや平安さだと、僕はとときどき感じます。 名古屋の素晴らしいアーティストともにそんな美しい世界を作りたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

今夜は山羊に、聞く?で樽木栄一郎君と

今夜は代官山「山羊に、聞く?」で

樽木栄一郎くんとライブペインティング。 
 
樽木君とは6月下旬の取手hakocafeで
とてもいいライブができた。 
 
その感じでまたやりたいな。
 
 
そして共演にはticomoonさん。
すごく嬉しい。
とてもいい夜になりそうだ。 
 
雨はそこまでふらないようだ。 
 
でも雨の日の、樽木君とticomoonというのもいい気がするな。 
 
イベント名:「樽木栄一郎 with 近藤康平 × ticomoon」 日時:7月10(木) 場所:東京代官山「山羊に、聞く?」    東京都渋谷区代官山町20−20    http://yagiii.com/wp/ 時間:開場19:00 /開演20:00 出演:樽木栄一郎 with 近藤康平 、ticomoon 料金:2500円(1Drink込み )※1Foodマストオーダー  *「山羊に、聞く?」に素晴らしいイベントを企画していただきました。 樽木栄一郎くんと一緒にたっぷりとやります。 そして、共演者はticomoon・・・。なんて嬉しいのだろう。 しみじみといい夜になると思います。 樽木君も僕もこの日をとても楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

7月の予定

7月はライブペインティングの予定がたくさん。

5日と6日は仙台。
5日は青谷明日香さんと。6日はタカハシヨウヘイさんと次松大助さんと。
 
 
10日は代官山で。tico moonさんと樽木栄一郎くんと。
樽木君とは今年の1月から毎月一回は必ずやっているな。
 
13日はいよいよ僕の自主企画「音×色」。場所は渋谷7thfloor。
京都からomni sight。そしてイトケンさんと、moshimossさんもお招きしています。
すっごい楽しみ。
 
15日からは樽木君とミニツアー。
まずは15日は津。17日は名古屋。19日は四日市。
 
今月はまだ樽木君と続きます。
26日にこんどは樽木君と仙台にいくのです。
 
そして30日も楽しみなイベント。
代官山で大好き今関さんの企画です。
まだ僕のほうで、どこにも告知していなくてここが最初になるけれど
渡辺シュンスケさんや下岡晃さんとご一緒です。
誰と一緒に描くかまだわかっていないけれど、いずれも楽しみ。 
 
 
ほかにも20日や27日にも少し増えるかもしれません。 
 
 
全部で10本ぐらいか。。。 
 
ライブペインティングをはじめたのは
6年ぐらい前。
いつの間にかこうなっていたな。 
 
本当に人生は不思議。 
 
イベントの詳細はこちらにまとめてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

7月17日(木)は名古屋で樽木栄一郎君とイベントです。


今年の8月は名古屋ではじめて個展をします。 
 
すっごくすっごく楽しみ。
いまいろいろと描いているけれど、わくわくしています。
そのプレイベントとして7月17日に樽木栄一郎君と個展会場の「rita」で
イベントをおこないます。 
会場装飾にラフイユ/葉、出店でふじっこぱんも参加です。 
 
ぜひ遊びにいらしてくださいね!



イベント名:近藤康平 個展「under」プレイベント”『樽木栄一郎 × 近藤康平 Live』 


日時:7月17日(木) 
 
開場:愛知県名古屋市「spazio rita」      
 
愛知県名古屋市中区栄5丁目26ー39 GS栄ビル B-1      
 
☎052-265-7176  
 
時間:開場19:30/開演20:00  
 
料金:前売り2000円/当日2500円(+1dorinkオーダー) 
 
出演:樽木栄一郎(唄とギター)/近藤康平(ライブペインティング)  
 
空間装飾:la feuille/葉 (ラフイユ)  
 
出店:ふじっこぱん  
 
 
  《予約・問》 TEL:052-265-7176 (rita) Mail: info@spazio-rita.com

続きを読む "7月17日(木)は名古屋で樽木栄一郎君とイベントです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

今週末は仙台で子ども園フェスなど

一か月ぐらい続いた四軒茶屋での個展も昨日で無事に終了。

今日は撤収をしてきました。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。 
 
やっぱり、設営と撤収はちょっと特別な気持ちになります。 
 
今週末、7月5日(土)と6日(日)ははじめての仙台。
とても楽しみだな。 
 
まずは7月5日(土)のお昼。
子ども園フェスという幼稚園を舞台にしたフェスに参加させてもらいます。
僕はこの前メウノータでご一緒した青谷明日香さんと一緒。
会場の向山幼稚園。
写真など見たら本当に素敵で、嬉しくなってしまいました。 
 
そして、夜はチキポトさんでオーダーペインティングイベントです。
シューズや、トートバッグや、シャツなどなんでもお好きなものを
お持ちくださいませ。
その場でお話を聞きながら世界で一点のものを描きます。



7月6日(日)も楽しみです。
ずっとご一緒したかったタカハシヨウヘイさんとはじめて
一緒です。
そして、次松大助さんもいるというのだからとても楽しみ。
もちろん、その音楽も楽しみなのですが、
次松さんは寝落ちがけっこうすごいとのこと。
僕も寝落ちに関してはまあまあ自信があるので、
寝落ち対決も楽しみにしています。
 

仙台のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

イベント名:『こどもえんフェス!!!~こどももおとなも一緒に思いっきり遊ぼう!!!~』 日時:2014/7/5(土曜) 時間:10:00〜17:00 場所:向山こども園(向山幼稚園)    仙台市太白区八木山緑町21-10    ☆雨天時も開催!    ☆駐車場あり 入場料:おとな 1000円、こども(3歳〜12歳まで) 300円 ☆一部をのぞいて、園内のプログラムは無料で遊べます ◆向山こども園(*向山幼稚園)◆ 〒982-0832 仙台市太白区八木山緑町21-10 TEL/022-229-0169 ◆ ホームページ◆ http://kodomoenfes.jimdo.com/ ◆ facebookページ◆ https://www.facebook.com/kodomoenfes/ ◆ お問い合わせ◆ hatidori.peace@gmail.com ====================================
イベント名:近藤康平オーダーペインティング 日時:7月5日(土) 場所:宮城仙台「チキポト」    仙台市青葉区国分町3丁目5-24ヨコヤマビル3F    TEL 022-393-8236    http://tikitiki-potopoto.jimdo.com/ 時間:19時〜 内容:お手持ちのバッグ、シューズ、スマホケースなどに その場で絵を描いて、世界で一点だけのものに仕上げます。 好ましい素材はシャツ、トートバッグ、靴等はキャンバス生地や綿など布製品だいたい大丈夫です。 皮もいけますが、表面にコーティングがあるものは難しいです。ビニール系は難しいです。 スマホケース=透明素材のもの(ハード、シリコン両方可能です) すべてにアクリル絵の具で描きます。 洗濯などしても落ちないです。     料金:オーダーペインティングの値段の目安は以下になります。    シャツ=4000円    トートバッグ=4000円    iphoneケース=4000円    靴=5000円
       ワンピース~5000円
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
イベント名:『オジーノカリーヤで待ち合わせ』 日時:2014年7月6日(日) 場所:オジーノカリーヤ     仙台市青葉区一番町1-13-25    022-796-6993 出演:近藤康平(LivePaint)/次松大助(piano.vocal)/タカハシヨウヘイ(guitar.vocal.etc) 時間:開場18:00/開演19:00 料金 :¥2500(お食事&1drink付) ※席数に限りがありますので、お早めにご予約お願いします。 予約問い合わせ:linkofmusic@gmail.com(タカハシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

7月13日(日)自主企画『音×色』の詳細


  • 7月13日(日)。「音×色」、どうぞよろしくお願いいたします!

    今回の出演者はomni sight(オムニサイト)with 加藤雄一郎。

    itokenさん、そしてmoshimossさんに決定しました!

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    イベント名:check rat you×近藤康平 presents「音×色」(ネイロ)   日時:2014/07/13(日)   会場:渋谷7thFLOOR     東京都渋谷区円山町2-3   時間:開場18:30/開演19:30   出演:omni sight with 加藤雄一郎/itoken/moshimoss(ambient set)   ライブペインティング:近藤康平   DJ:荒川   VJ:土井昌徳(supereye)   フード:飲&YO! 料金:前売料金2,800円/当日3,300円(共に※ 1ドリンク別)   連絡先:7thFLOOR:03-3462-4466  http://7th-floor.net/ 7thFLOOR店電話予約:〜7/12(土)(15:00〜20:00tel:03-3462-4466)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

伊勢丹新宿「羊羹コレクション」にて映像作品が上映されています


 

 

6月11日(水)より開催されている

伊勢丹新宿店での「羊羹コレクション」で
僕とSUPEREYEの土井さんで作った映像作品が上映されています。

youtubeにもアップしてあるので、ぜひご覧くださいませ。


---------------------------------------------------------------------------

〜「YOKAN"羊羹" COLLECTION in isetan shinjuku」2014】〜

6月11日(水)ー16日(月)開催の伊勢丹新宿 YOKAN"羊羹"コレクション(http://isetanparknet.com/news_event/page239.html)にて、近藤康平 X SUPEREYE土井昌徳のイメージムービーが流れます。

伝統的な和の食べ物に新しさ、
楽しさが融合した非常に魅力的なイベントです。
是非、お立ち寄り下さい。

近藤康平コメント
「偶然の美しさ、というものに興味があります。

人間の作為を超えてあらわれる自然の美しさです。

水滴の模様、風の音、光の中でランダムに舞う埃の軌道。
そんなものに美しさを感じます。

そして、僕にとってのアートとはそんな偶然の美しさを
遊びながら見つけ出し、形にする
自然によりそった作法のことです。

色が流れたり、広がったり、混じったり、滲んだり。

色が和紙に滲む
色が木をつたう
色が布に沁みる
色が水に広がる


その予想のできない動きの中にあわれる美しさを
取り出すことを今回は試みました。

羊羹もまた、自然の美しさを取り出し、そして形にするアートなのだと感じます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧